お弁当作り、モチベーションの保ち方

WEB用を表示
2018/11/20 12:00

家事や仕事、やって当たり前と思われがちな事ですが、継続は大変です。お弁当作りをはじめて1年ちょっとのyujiさんが、続けられている理由は何でしょうか?

飽き性でも続けられる理由

 昨年の9月から、自分と妻、ときどき子ども達の弁当を作り始めてあっという間に1年が経過しました。

 飽きやすい自分がよくここまで続けてこられたなぁと、不思議に感じています。

 妻や子供達が残さずに食べてくれて、「美味しかったよ」と一言言ってもらえると毎日でも嬉しいものです。

 お弁当を作ってもらってる方! 作ってくれる方にちゃんとお礼の気持ち伝えてますか?

 そんな自分がモチベーションを保ち、続けてこられた理由を考えてみました。

目標設定と一人反省会

 お弁当を作り始めて間もないころ、Instagramで毎日のように「お弁当」と検索する日々が続いていました。投稿された写真を見ては感動を覚える日々。

 その中で目に留まったのがわたをさん(@n.watao)の作るお弁当。

写真はわたをさんのInstagramより。
@n.wataoより。美味しそう!

 目を引くボリュームがある中にも、レイアウトも素晴らしく可愛らしさもあり、あっという間に虜になりました。

 いつかこんなお弁当が自分でも作れたらと目標を立て、試行錯誤していくこととなるわけです。

 そうは言っても、あまのじゃくな自分。

 真似をすることはあまり好きではないので、オリジナルなお弁当を作ろうとして失敗の連続。朝は時間も限られているので、手直しに時間も掛けられぬ日々。

 けれど失敗を続けていると、たまにヒントが見えてきます。また、なぜ失敗したのか、なぜ上手く盛り付けできたのかを寝る前に一人反省会。見えてきたことを次の課題にする、の繰り返しを続けてきました。

 一人反省会は子ども達を寝かしながらなので、大半が寝落ちしてしまいます(笑)例えば……

  • 隙間が出ないようにして立体的に盛る。
  • おかずカップはできるだけ使わない。どうしても使わないといけない場合は、箸でカップを押し込んでみえないようにする。
  • おかずの上辺と下辺を揃えて整列させる。
  • 丸系のおかずでまとめてみる。
  • 紫色が映える!(紫陽花の時期には季節感がぴったり)
  • 蓋がしまるかは後から考える(笑)

 なんてことが議題にあがり、お弁当に反映されてきました。

一人反省会を経て現在のお弁当。これからも反省会のたびに変化する……?
一人反省会を経て現在のお弁当。これからも反省会のたびに変化する……?

やる気スイッチはInstagram

 さてモチベーションを上げるためにどうすればよいか、これは各々「やる気スイッチ」が違うので共通することではないと思います。私の場合は、Instagramが自分の力の底上げをしてくれました。

 Instagramにはフォロワー数がありますが、これが自分に対する評価なわけで、少しずつ増えているところを見ているとやっぱり嬉しくなります。

 上限がないので、ゴールのないマラソンをしている感覚。でも目標としているインスタグラマーさんに近づいているのが分かるとわくわくします。

 フォロワー0人から始まったのが、嬉しいことに多くの方にフォローしていただき、自分自身一番驚いております(毎回「いいね」、「コメント」をくださる皆さん、ありがとうございます!)。

 その「ポチッ」が弁当を作る原動力となっていることは間違いありません。

 子どものころは何かができるようになったり、部活の大会で成績を残したりと誰かに褒めてもらった経験はあると思います。ですが大人になるとそのような機会はめっきり少なくなります。

 でも大人だって評価してもらいたい、褒めてもらいたいという欲求はありますよね。

 Instagramの世界には「いいね」や、「コメント」で評価してくれる方がどこかには必ずいるので、弁当に限らず作り手にとってはモチベーションになっているはず。

 何も取り柄がなかった自分に自信がつきました。これが弁当作りを続けられる一番の原動力です。

 さらに自信がつくことで、仕事中でも堂々と振る舞えることになり、良い影響を与えてくれていると思っております。

 Instagramはお弁当の記録としても有用です。

 初めは自分の弁当を投稿するなんて、恥ずかしいものです。

 急にいいねやコメントは付きません(笑)自分も数ヶ月はそんな月日を送っておりました。

 でも、それでいいと思います。

 誰か目標となる方を作り、せっせと弁当を作ってパシャッと撮って記録する。そして、ときどき見返してみる。すると、少しずつ仕上がる弁当も変わっているはず。

 皆さんもInstagram弁当投稿、一緒にチャレンジしてみませんか。

 タグに「#みんなのよくばり弁当」や「@kito_kurashito__」と付けてくれれば、見に行きます!

今は私の写真が多いですが、みんなで充実させていきましょう!
今は私の写真が多いですが、みんなで充実させていきましょう!

料理道具を増やす楽しみ

 少し料理を覚えてくると、こんなお皿に盛り付けてみたい、こんな包丁が欲しいなど欲求が出て来るもの。

 たまには自分へのご褒美として、キッチンに立った際にモチベーションが上がる道具や調味料を少しずつ増やしています。

 たとえば、今までに使ったことがない調味料を買います。

 すると、どんな料理に合うのかを調べることになるので、新たな発見に繋がることが多く、強制的な料理の勉強にもなります。

 おすすめです!

自分の時間がない人にこそオススメです

 私は今年38歳になりますが、職場に行けば仕事が忙しい、帰宅すれば家事も忙しいという、自分時間が取れない世代だと思います。夫婦共働きなら尚更そうだと思います。

 そんな忙しい中でも、夢中になれる時間があると生活にも張りが出てきます。

 これを読んでくれたお父さん、少しだけ早起きして趣味と実益を兼ねた弁当作りを始めてみませんか。

 弁当作りが家族とのコミュニケーションにもなり、お父さん株も急上昇のはず!

 出来合いのおかずを詰めるだけでも、パズルみたいなもので、

 頭の体操になりますよ。

 これは将来の夢ですが、男性向けのお弁当づくりワークショップなども開催できたらいいなと思っております。

 このコラムを読んで、どなたかの「やる気スイッチ」を押すことができたら幸いに存じます。

 最後にInstagramで問い合わせが多い、チャーハンのレシピを載せておきますね。お料理を普段しない人やお父さんもチャレンジしてみてください!

俺のうまうま炒飯レシピ

材料(二人分)

炊き立てのご飯:1.5合/人参3分の1本(30g~40g)/葱:2分の1本/ハム:2枚(ベーコンや叉焼ならなおよし!)/卵:2個/海老(無くてもOK)

調味料

サラダ油:大さじ2~3/塩:親指、人差し指、中指で3つまみ(量はおこのみで)/胡椒:少々/醤油:小さじ1/味の素:3振り

【1】人参をみじん切りにして、耐熱皿に移し30秒レンジでチン。その後、同じ器に葱とハムをみじん切りにしたものを入れておく。

【2】海老は殻を剥いて、背側に浅く包丁を縦に入れて開き、背わたを取り、塩、片栗粉、水を加えて優しく揉みこむ。海老の汚れが取れるので、水で流し、水が綺麗になるまで軽く洗い流す。その後、軽く塩とお酒をふっておけば、臭みもないプリップリな海老の下ごしらえ完成。

【3】フライパンを強火に掛けて、煙りが出るぐらいにあたためたらサラダ油大さじ1.5~2を敷き、フライパン全体に広げる。そこに溶いた卵液をじゅわっと投入すると、ふわっと広がってくるので、5秒から10秒で一旦ボウルに回収する(卵は半熟の状態です)。

【4】フライパンをキッチンペーパーでサッと拭き、フライパンを強火にして(煙りがでない程度)サラダ油大さじ1を入れ、【1】を加えて30秒ほどサッと炒める。

【5】温かいごはんを投入! 1分程度ご飯をヘラで切るように炒め、ごはん全体に油を絡めてほぐしていく。

【6】塩、胡椒、味の素で味付けしたら醤油を鍋肌に垂らし、少し焦げてきたあたりでご飯に絡める。

【7】最後に【3】のふわふわ卵を投入し卵をヘラで切るようにしてごはんに絡めていけば完成。

 最後に卵を入れると卵に火が通り過ぎず、ふわっとしていて、とてもおいしいですよ。