大人も子どももそわそわするクリスマス。その日の良し悪しを決めるのは、クリスマスケーキだといっても過言ではありません。各国のクリスマスケーキと、イタリアのクリスマス菓子「パネトーネ」の作り方を、翻訳家でお菓子づくりが大好きな森嶋マリさんが教えてくれました。

お菓子作りが好きな人がそわそわする時期

 こんにちは! お菓子ブログ〈Single KitchenでSweetsを〉のmarinこと森嶋マリです。

 さあ、今年も残すところ1カ月。いよいよ12月です。

 お菓子作りマニアにとって、いちばんそわそわする時期がやってきました。

 今年のクリスマスは何を作ろうか? 定番のケーキ? それとも、新しいお菓子に挑戦?

 12月の足音が聞こえた途端に(いえ、ほんとうはハロウィンが終わって11月に入った途端に)、クリスマスのお菓子のことが頭を離れなくなります。

 とはいえ、お菓子マニアじゃなくても、クリスマスにはケーキを食べる方は多いはず。

クリスマスの今昔

 もちろん、私もお菓子作りをはじめる遥か昔、子供の頃からクリスマスには必ずケーキを食べていました。

 キリスト教徒でもなんでもなかった我が家でも、クリスマスにはモミの木に飾りつけをして、ちゃぶ台にご馳走を並べ(といっても、たぶん近所のお肉屋さんで買ってきた鶏もも肉のロースト)、クリスマスのレコードをかけて、昭和の正しいクリスマスを過ごしていました。

昭和のクリスマス
昭和のクリスマス

 レトロな写真で申し訳ありません。でも、これがザ・昭和のクリスマス。

 この頃のクリスマスケーキといえば、白いクリームに赤いイチゴが乗ったものか、チョコレートのホールケーキのほぼ2択でした。

 その後、大人になって、子育てしていた頃のクリスマスも、やはり似たようなことをしていました。

 変わったのは、フライドチキンのほうが子供たちの食いつきがいいと分かって、ローストチキンがフライドチキンになったことぐらい。

 目下、子育て真っ最中の娘の家のクリスマスもさほどの変化はなし。ちゃぶ台がおしゃれなダイニングテーブルに変わったぐらいで、そこに並ぶメインの料理はやはりフライドチキンです。

 でも、クリスマスケーキだけは変わったような気がします。

森嶋 マリさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ