こんなに違う!「我が家のお雑煮」

印刷用を表示
2018/12/31 12:00

みなさんは、お正月にどんなお雑煮を食べていますか? 読者の皆さんにアンケートをとりました。その結果、非常に多様なお雑煮の世界が見えてきました。

 12月も今日で最後。年越し・年明け準備の時期は進んでいますか? 今日はお正月には欠かせない「お雑煮」についての話題です。

 先日実施した冬のプレゼントキャンペーンで「おうちのお雑煮はどんなお雑煮ですか?」というアンケートをとってみました(ご参加くださった皆様ありがとうございます!)。みなさんからの回答をご紹介したいと思います。

お雑煮のスタンダードってなんだろう?

スタンダードな昔ながらの関東のお雑煮です。

普通の白餅とかまぼこ・エビ

 といったお声をいただきました。では、普通のお雑煮、標準的なお雑煮ってどんなものでしょうか? 回答結果からは、みなさんが「これが普通のお雑煮」と考えるお雑煮像が一人ひとり異なっている様子が見られます。

 たとえば、よく話題になるのは味噌ベースor醤油ベースや、丸餅or角餅ではないでしょうか?

 実際に

白味噌仕立てのお雑煮。丸もちに大根人参里芋を丸く切って、水菜を入れたシンプルなもの。丸くが味噌!

丸餅が好きです。そして白味噌。お餅は煮て具材は大根と金時人参に三つ葉を飾ります。

江戸っ子風です。四角い焼き餅、鶏肉、小松菜、かまぼこだけ。すまし汁仕立てで、かつおだしです。

シンプルに昆布としいたけと醤油のだしに焼いた四角いモチを入れ三つ葉を散らしただけ。

丸餅を焼いて、お出汁で。松葉に切ったスルメと昆布、大根と人参は飾り切り。

 などなど、お餅と汁のベースをご紹介してくださる方が多かったです。しかしながら、一口にベースと言っても

母が京都生まれ、瀬戸内育ちなので、京都の白味噌丸餅のお雑煮ですが、出汁に焼きあなごを使います~。私もしっかり受け継いでおります。

かつおと昆布の出汁に、濃いめの白みそ。レンジで柔らかくした丸もちに、三つ葉、かまぼこ、いくらをのせていただきます。

昆布と干しシイタケで水出汁をとって、お醤油で味付ける。醤油で味付けしたお出汁に鴨肉を入れて火を通し、茹で小松菜を入れる。四角い焼き餅。関東風のおすましお雑煮。

鯛の出汁に丸餅と三つ葉が入った雑煮。

北海道なのでエビの頭で出汁をとりお醤油仕立てのお雑煮です。具材は、エビ、椎茸、人参、三つ葉などを飾りつけます。

ハマグリで出汁をとって軽く塩で味付け。具は大根と人参の飾り切りしたものを、三つ葉と柚子をのせて出来上がり。

母の味を真似して、鶏ガラを一日ずっと煮て出た出汁と干しシイタケの出汁、あと白だしを入れてスープを作ります。鶏ガラの出汁がとっても美味しくてぐびぐび飲みたくなってしまいます。

年越しそばの残りのお出汁で、元旦の朝お餅を軽く焼いて入れて食べています。鶏もも肉やゴボウが入っていて、上にネギをかけてシンプルだけど美味しいです。

 などなど、出汁もご家庭によって様々なようです。

具材だって、いろいろ

 みなさんが思い浮かべるお雑煮の具材も異なることがわかりました。

丸餅にすまし汁。具材は無し

丸餅に、白味噌、削りたての鰹節をタップリかけます。

シンプルに昆布としいたけと醤油のだしに焼いた四角いモチを入れ三つ葉を散らしただけ

丸餅と白菜、ゆずを少しのすまし汁。

 といった、シンプルなものものから

鶏肉と舞茸、ごぼうに人参・筍、糸こんにゃくを入れて醤油ベースで味付け。焼いた餅を入れて食べます。夫の実家(新潟県下越)で食べて以来、我が家はこの味です。

鳥もも肉と、根菜類を千切りにして高野豆腐を入れ醤油ベースの味付けです。うちの地域では必ず最後の仕上げに上にイクラドバッと乗せて頂きます。

うちのお雑煮は塩ブリのお雑煮です。かなりしょっぱく味付けて、お餅に絡めて食べるのがとってもとっても美味しいんです!お正月以外にも時々食べたくなってしまいます。

鶏肉でだしをとり、レンコン、ごぼう、にんじんなど具沢山のしょうゆベースのお雑煮。もちは一度焼いてから、器に先に入れ、お雑煮をかけるスタイルです。

丸餅を焼かずにそのまま、白味噌で。具材はごろごろと入れます。餅入りのお味噌汁のような感じ。お餅に野菜がくっついているのがまた美味しい。

 魚介やお肉などいろいろ入った具だくさんなものまで。お餅も焼くか煮るかで味わいが異なりそうです。これだけ多様性があるので、結婚後にお相手のご実家で食べたお雑煮に驚く方もいらっしゃいます。

旦那の実家にはハマグリが入っているので驚きました。ベースは白みそで、ちょっと甘いです。おもちが何個でも食べられちゃうから不思議。

愛知県民の私はつゆにモチナ(←これはある緑のほうれん草…小松菜…白菜なんでもいいけど…)と餅、鰹節のみのお雑煮。東京の旦那の実家で鶏肉かまぼこ等入っているのに衝撃を受けた(笑)

 また、「この具材は何だろう?」という回答もありました。

 上でご紹介した愛知県民さんのお雑煮に入っている「モチナ」もその一つ。初耳でした。調べてみると、モチナ(餅菜)は愛知在来種の小松菜で、小松菜より柔らかく色が薄めなんだそうです。まさにご当地野菜というやつですね。ほかにも、ご当地ならではの食材を使っていそうなお雑煮が……

お出汁にまる餅。具材のエビ、スルメ、昆布、鶏肉、ブリから出汁がいっぱい出ています。あとは人参やかつお菜、里芋が入っていて具だくさんです。

丸餅にいりこだしのすまし。餅は煮る。具材はごぼう、ほうれん草、大根、金時人参、はまぐり、もがい、鰤、かまぼこ、ゆず。

出身が広島で、祖父が牡蠣の養殖をしていたからか、牡蠣や焼いたブリが入っていました!

大根と人参のおひき菜がたっぷり入ったお雑煮です。その他の具は鶏肉と舞茸のみでシンプルですが、初日のみ、いくらを乗せます。

 牡蠣は知っているけど「かつお菜」「もがい」「ひき菜」は耳馴染みがないなあ、という方も多いのでは?。

 かつお菜は古くから福岡で作られてきた野菜で、高菜の近縁種。味わいが魚のかつおに似ているからこの名前がついているそうです。一方、もがい(藻貝)とはサルボウガイとも呼ばれ、岡山の郷土料理に用いられることの多い貝なのだとか。ひき菜は野菜を千切りにしたもので、東北地方を中心にお雑煮に入れられることがあるそうです。

 意外とみなさんも、知らないうちに“地のもの”をお雑煮に入れているかもしれませんね。

よく考えると、今や関東でも売っている金時人参や海老芋も、もとを正せば京野菜=ご当地の野菜ですよね。
よく考えると、今や関東でも売っている金時人参や海老芋も、もとを正せば京野菜=ご当地の野菜ですよね。

 ご当地と言えば餡の入ったお餅を入れて召し上がる方もいらっしゃいます。

餡入りもちにすまし汁。具材はほうれん草、しいたけ、かまぼこ。

我が家のお雑煮は、あんこの入った白餅に白味噌ベースのお雑煮です!

あんもちに白味噌。お餅は煮て、具材は型抜きした金時人参と大根。お椀についだら青のりで一文字を描きます。

白味噌ベースの餡餅雑煮です。甘じょっぱくて美味しいです。

白味噌。具材は白菜・えのき。お餅はアンコ入りのよもぎ餅。これが最高に美味しいのです。

 そして、いろいろな地域や家庭の味が融合して、新しいお雑煮が誕生している例も

あんこの丸餅に白味噌。具は大根、ニンジン、もち菜。父が香川県出身なので。

主人が姫路出身なので関東と関西が混ざって鶏肉もハマグリも入っています。来年はアナゴ入れたいです。

 お餅の入手方法も様々です。スーパーで既成品を買うのではなく、ご自宅や親戚などがついたものを召し上がる方も少なくありません。

知り合いがついてくれたお餅でお雑煮をします。お出汁をしっかりとって、具材は鮭や人参、小松菜などを入れています。

白味噌仕立てに、家でついた丸餅。里芋、大根、ごぼう、人参。

醤油味で具材は人参、小松菜、鶏肉でお餅を煮ます。お餅はおばあちゃんちで12月につくのでそれを伸ばして乾燥して四角く切ったものです。

祖父母の作る餅をお吸い物に入れていただきます。かまぼこ、三つ葉、しいたけを一緒に煮ます。しいたけのいいお出汁も出て、最高です。

関西なので丁寧に出汁をとったお雑煮。具は鶏肉、金時人参、三つ葉。お餅は近所の餅屋さんで買ったつきたてのものを焼いて入れます。

家でついた丸もち、椎茸、エビ、ゆずの皮、いつものお吸い物にお餅を入れただけのシンプルなものです。

合わせ味噌で、おばあちゃんがついた自家製のお餅が入ってます!

たけのこにぜんまい等の山菜をたっぷり入れた汁に、自宅でついた紅白餅を入れて作ります!定番です。

答えがないから楽しいお雑煮

 さらに形式にとらわれずにお雑煮を楽しんでいる方や、日によって作るお雑煮を変えている方も。

白味噌もお醤油もお澄ましも作ります。毎日違う味を作って食べると、飽きないしわくわくします。

こどもたちはお雑煮が苦手で……なので、こどもたちにも食べてもらえるように!とお好みお雑煮! お餅、ほうれん草、人参、大根、卵を落とし…と具材はその年によって、とても自由です!

元旦は夫の実家の白味噌仕立て。2日目は嫁の郷里の醤油仕立てに鮭、イクラ入りの雑煮。

インターネットでレシピを検索して、いろいろなご当地雑煮を作るのが楽しいです。手に入りにくい食材もあるので、なかなか忠実に再現できない時も…。

白だしに煮た丸餅。透き通ったおつゆに具は椎茸と紅白のかまぼこ、最後に三つ葉を浮かべたり、刻んだ柚子の皮を入れたり、海苔を入れたり、至ってシンプルなものです。三つ葉と柚子と海苔はセルフサービスで、各々好きなものや気分で入れたり入れなかったり、全部のせしたりしてます。

 加えて、「食べません」といったお声も。記事の冒頭で「お正月に欠かせない」と書きましたが。それすらも単に多数派の声に過ぎないようです。

 このように各ご家庭に定番がありつつも、全体で見ると非常に多様なお雑煮の世界が見えてきました。2019年のお雑煮はお家の味を大事にしつつ、飽きてきたなと思ったら「こんなのあるんだ!?」と記事のなかで驚いたお雑煮を試してみるのも良いかもしれませんね。

 それではみなさま、良いお年を!



これもおすすめ