年賀状いつまで保管する?超シンプル収納法

WEB用を表示
2019/01/02 07:00

片付けやすく、心地よく過ごせる空間づくりを日々研究中、というchieさん。コラム連載第8回目は、年々増え続ける年賀状の保管方法、いつまで保管するか? について教えてくれました。

年々増える年賀状、どう収納する?

 皆さん、年賀状はどのように収納されていますか?

 毎年のことなので、なるべく簡単で分かりやすい収納方法にしたいですよね。

 私は、二年前までは、普通にはがきファイルに入れて保管してきました。

  しかし、はがきファイルにはこんなデメリットを感じていました。

  • 出し入れが面倒。
  • 入れられる枚数が決まっている。
  • 人別、関係性別に分けていると、追加したい時に並び替えが面倒。

①超シンプル、輪ゴムでひとまとめ

 そこで、去年からもっと簡単に収納することにしました。

 人別(夫・私・子供)に分けて、付箋で目印をつけ、輪ゴムでひとまとめにしただけです。

 夫は枚数が多いため、関係性別(職場・友人・親戚)にも分けました。

 これなら、後から届いたはがきも、それぞれ簡単に追加できます。

②保管するのは三年分だけに

 そして、ダイソーの無印風ボックスの中にブックエンドを入れて仕切りを作り、三年分だけ保管しています。

 年末に、喪中はがきが届いた際は、ボックスにまとめて入れておき、年賀状を作成する時に、チェック。

 このボックスは、本棚に置いています。

たまった年賀状は…

 毎年、年賀状の作成時期に、古い方から一年分をまとめて処分しています。

 個人情報満載のはがきの処分は、家庭用の電動シュレッダーが一台あると本当に便利です!

二年前に通帳や重要書類の整理をしたことがきっかけで、購入した電動シュレッダー。
二年前に通帳や重要書類の整理をしたことがきっかけで、購入した電動シュレッダー。

 大量の書類も、楽々細断出来ます。

 私が使っているシュレッダーは、現在廃盤ですが、こちらです。

メーカー:オーム電機
機種:SHR-K03
価格:当時3500円くらい
機能: A4コピー用紙最大5枚まで細断可能(はがきや厚紙は1枚ずつ投入しています)、モーターを過熱から保護するために自動的に停止状態にするオーバーヒート自動停止機能付、細断サイズ(約4mm×30mm)クロスカット

 家庭で使うには、このくらいの価格と機能で充分満足しています(調べてみたら、今も、似たような機能で価格も変わらない後継機種があるようです)。

 この通り、年賀はがきも細かく裁断されるので、安心してゴミ箱に捨てられます。

ダストボックスの容量は約10L。年賀状を100枚くらい細断しても、まだまだ余裕です。
ダストボックスの容量は約10L。年賀状を100枚くらい細断しても、まだまだ余裕です。
サイズ:幅135×高さ325×奥行295mm
サイズ:幅135×高さ325×奥行295mm

 比較的コンパクトなサイズなので、私は、机の下の隙間スペースに置いています。

 これからも毎年続く年賀状のやりとり。

 去年から、ひと手間加えて、来年のための対策をしています。

 それは、遅れて届いたはがきには、届いた日付をメモしておくこと。

 年々、そろそろ年賀状を出すのを控えた方がいいか迷う方っていませんか?…

 来年の年賀状を作成する時に分かるように手前に入れています。

 この仕組み作りが皆さんの参考になると幸いです。

 最後まで読んでいただきましてありがとうございました。