今年も残りわずか。矢が走るように真っ直ぐに駆け抜けたと感じる人、ぐるぐると迷路のように進んできたと感じた人。いろんな一年があったと思います。少しだけ足を止めて、自分の心と体の状態を見つめてみませんか?

疲れの自覚症状、ありますか?

 つい先月、『おつかれさまスープ』という本を出した。疲れを感じる人たちに寄り添うような、スープのレシピがたくさん掲載されている。

 夜遅くに帰宅して、疲れて何もしたくないようなときでもレンジで簡単にできるスープ、コンビニ食材など買い物が楽なスープ、体の疲れに効くような素材を取り入れたスープ、そして作りながら心をゆったりとゆるめるスープなど。

『おつかれさまスープ』有賀薫/学研プラス
『おつかれさまスープ』有賀薫/学研プラス

 口に出したことは自分の意志に関係なくそうなっていくから、普段からあまりマイナスワードは使わないようにしている。あまりに疲れた~、疲れた~と口にしていると、どんどん疲れた顔になっていくだろう。だからタイトルに「疲れ」という言葉が入る本はどうかな……と最初のうち、少し不安に感じていた。

 でも、私よりずっと若い編集の女性たちが口をそろえて「私たちの周りは、みんな本当に疲れているんですよね」と言う。だるさや、目覚めの悪さ、肌色の悪さ、やる気の喪失など、疲れは体や心、自分の暮らしのあちこちに顔を出しているという。

 私自身も、今年はかなり忙しかった。まだまだ若いつもりで疲れに無自覚でいたら、秋ごろにちょっと体調を崩して仕事先にも迷惑をかけてしまった。楽しい仕事も腹八分目だと思いつつ、その後もあまり改善できていない。

 どうやら「疲れ」はいまや、老いも若きもみんなが抱える悩みのようだ。であれば、スープという「癒しの料理」を日々作っている私が真っ向勝負を挑むのが、筋というものではないか。そう思って、本の話を引き受けることにした。

ぽってり卵スープ(『おつかれさまスープ』p40より)/とろりとしたスープが癒やしになることもあると思う。
ぽってり卵スープ(『おつかれさまスープ』p40より)/とろりとしたスープが癒やしになることもあると思う。

燃え尽きタイプの疲れ、不完全燃焼タイプの疲れ

 疲れには二つのタイプがあると思う。

 まず、オーバーワークによる、燃え尽きタイプ。いい仕事に恵まれている。人との関係も楽しい。ひとつひとつは充実していて、決して悪くない毎日だ。でも、一年をふりかえってみると、その総量がやはり自分のキャパシティを超えてしまっている、というケース。子育てをしながら夫婦で働いているような家庭にも、このタイプが多い。

 年末年始は暮らしの中に、大掃除、忘年会、帰省などイベントごとも多い。

 つき合い続きで胃腸も疲れる、お金もかかって財布も疲れる、連休でも休む暇がない。食べることが不規則になったりおろそかになったりして、疲労はますますたまっていく。どこかで何とかしたいと思いつつ、忙しさに流されていく。

 もうひとつは、空回りしがちな人に多い、不完全燃焼タイプ。

 師走の街を後にして家までの帰り道、2018年もあと少しだと思いを巡らせる。この一年、私は何ができただろう。ちゃんと自分のキャリアが積めているか、内面では成長できたか。進歩が目に見えず達成感が持てない。

 自分なりにはがんばってきたつもりでも、その結果に自信が持てないと、いわれのない疲れが心身を襲う。エネルギーがうまく燃やせずに自分の中でくすぶり、のびのびとした感情が持てない。疲れに近い症状が体に出る。

 今年もあと少しで終わってしまう、そう思うと自分へのリミットが迫ってくるような気がして焦る気持ちは、何もしていなくても人を疲れさせる。

 さて、あなたの疲れはどちらのタイプだろうか。

追い野菜カップスープ(『おつかれさまスープ』p64より)/スープの素に冷凍野菜をプラスする、こんな日があってもいい。
追い野菜カップスープ(『おつかれさまスープ』p64より)/スープの素に冷凍野菜をプラスする、こんな日があってもいい。
  • 1
  • 2

有賀 薫さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ