ちょっとした時短ワザ10選

 一つひとつは小さなことですが、積み重ねると意外と時間を短縮してくれます。

①ゴミ袋は5枚重ね

 ゴミ箱にゴミ袋をセットするときは、一気に5枚セットしています。そうすることで、ゴミを捨てるたびにゴミ袋をセットしなくてよくなりました。大きなゴミ箱でも、トイレ用の小さなゴミ箱でも同じ方法です。

②洗濯物をしまう手間を減らす

 洗濯物をたたむタイミングで、トイレや洗面台のタオル交換や、保育園の荷物の準備や入浴後の着替えの準備をしています。こうすることで、畳んでクローゼットに収納する手間を減らせます。

朝、洗濯物をたたむついでに、入浴後に使うタオルを準備しています。
朝、洗濯物をたたむついでに、入浴後に使うタオルを準備しています。
③自分の移動のついでに物を動かす

 洗面所からリビングに移動するとき、一階から二階に移動するときなどに、片付けるべきものを一緒に持って少しずつ移動させます。

 例えば、洗面台におもちゃが放置されている場合(不自然な場所におもちゃがありますが、わが家ではよくあります)、洗面所から出るときに手に持って、近くのキッチンカウンターに移動させておきます。キッチンからリビングに行くタイミングで、おもちゃを持って、リビングのおもちゃ入れに入れます。

 使ったものはそのときどきで片付けることが理想ですが、省エネでの片付けもおススメです。

④買ったものは収納する前に、不要なパッケージなどを捨てる

 外出時に買ってきたもの、ポストに届いたもの、宅配便で届いたものは、なるべく玄関先で開封して、不要なパッケージやDMなどは部屋に持ち込まないようにしています。ゴミを持ち込まないことで部屋が散らかりにくくなりますし、収納前にパッケージから出しておくことで使いやすくなります。

 収納するときは、使うときのことをイメージして、使いやすい状態で収納するようにしています。

⑤少量の洗い物でも食洗機

 少量の洗い物でも食洗機を利用しています。機械に頼めることは、迷わずやってもらうことにしています。

⑥お味噌汁の具のセットを準備

 週末の作り置きの際などに余った野菜を、一回分のお味噌汁の具として小分けして冷凍しています。お味噌汁を作るときは、沸騰しただし汁に冷凍野菜を凍ったまま投入しています。

⑦お味噌汁をだいたい仕上げておく

 朝ご飯を作るついでに、夕食用のお味噌汁も味噌を入れる直前まで作っています。帰宅後は温めて、味噌を加えれば完成です。

⑧水出汁を作っておく

 ピッチャーに鰹節と昆布を入れて水を注ぎ、水出汁を作っています。冷蔵庫で保管して、お味噌汁や煮物などを作るときに使用しています。

この日は昆布と鰹節。干し椎茸を入れる日もあります。
この日は昆布と鰹節。干し椎茸を入れる日もあります。
⑨洗濯カゴに入れるときに、ネットに入れる

 洗濯ネットに入れて洗いたいものは、洗濯カゴに入れる時点で、ネットに入れています。後から分別する手間がなくなります。

⑩洗剤の使用量は洗濯機に書いておく

 ラベルライターで洗剤の使用量を書き、洗濯機に貼っています。迷ったときに、いちいちボトルを見なくて良くなりました。

手を止める時間が少なくなりました。
手を止める時間が少なくなりました。

睡眠がいちばん大切です

 いろいろ書きましたが、時短のいちばんの近道は、十分な睡眠だと思います。睡眠不足だと頭が働きにくく、体もテキパキ動かせません。

 私はいまは朝4時ごろ起きているので、短時間睡眠だと思われることがありますが、子どもと一緒に21時には眠っているので、7時間は寝ています。

 子どもが小さいうちは夜泣きや、オネショで起こされるなど、なかなか思うようには寝られませんが、週末はお昼寝をプラスするなど、できるだけ眠るようにしています。



Writer PROFILE

  • ぴょこぴょこぴさん

    Instagram ▶︎@pyokopyokop

    夫と2人の娘との4人暮らし。
    ただいま育休中です。
    シンプルなインテリアと、できる範囲でていねいな暮らしを目指しています。

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ