お正月、毎日のように続くおせちやおモチ。「もう食べられない…」そんな時、一筋の光が差しました。翻訳家でお菓子づくりが大好きな森嶋マリさんが、おせちに飽きた時にオススメのカレーレシピを教えてくれました。

お正月にはお雑煮、おせち料理、カレー…?

 あけましておめでとうございます!

 お菓子ブログ〈Single KitchenでSweetsを〉のmarinこと森嶋マリです。

 2019年も「おいしい話」を綴っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 みなさま、お正月にはお雑煮、おせち料理、カレーを堪能されたことと思います。

 お雑煮、おせち料理はわかるけど、なぜ、カレー?

 なぜって、おせちといえば、次に来るのはカレーですよね?

おうちカレー
おうちカレー

「おせちに飽きたらカレー」の源流

 「おせちもいいけどカレーもね!」と、かつて一斉を風靡したアイドル3人組が言ってたじゃないですか。

 って、一体いつの話?

 1976年、昭和51年の話です。

 「おせちもいいけどカレーもね!」はレトルトカレーのCMでしたが、そのキャッチコピーは日本中の家庭に知れ渡り、いつのまにか、「おせちに飽きたらカレーを食べよう!」という文化ができあがったのです(←というほど大げさではないですが)。

 でも、昭和はもう遠い昔。まもなく平成も終わるのだから、おせちからカレーという流れもそろそろすたれて、“おせちに飽きたら食べたいもの”の第1位も、カレーからピザや餃子に変わったかもしれません。

二大人気はやっぱり

 そう考えて、検索してみました。

 すると、2016年のアンケートでは1位がラーメン、2位がカレーで、カレーが王者の座から引きずり下ろされました! 

 と思いきや、2018年のアンケートでは1位がカレー、2位がラーメンと、カレーが1位に返り咲き!(ともにAERAdot.のサイトより)

 いずれにしても、カレーもラーメンも日本の国民食ですから、納得の結果です。

 でも、両方とも和食とは言えないところが、ちょっとおもしろい。

森嶋 マリさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ