その7 跡がつかない! ニット用の洗濯干し

 私の冬のトップスはほとんどがニットです。手洗いできるニットは自宅で手洗いしています。

 今まで肩幅広めのハンガーで干していたのですが、ハンガーに干すと肩の跡が不自然にできてしまうので、ニット用の洗濯干しを年末に買ってみました。

 使わないときはコンパクトに畳め、使うときはパッと広がるタイプの洗濯干しです。床に置いて使うタイプなので直射日光を当てたくないニットも、日陰を選んで置けるのが便利です。

 ニット用の洗濯干しだと、ハンガーと違って肩の跡を整えなくて済むので買って良かった道具です。

さいごに

 『冬服のお手入れに欠かせない道具7つ』を紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

 どんなに良い服を着ていたとしても毛羽立ちや毛玉が付いていると気分は下がるばかり。恥ずかしい思いをした経験がある方も多いのではないでしょうか?

 面倒に感じるお手入れですが、一手間かけるだけで洋服はきれいになり、愛着が湧く特別な1枚へと変わっていきます。

 皆さんの暮らしに合ったお手入れ方法が見つかれば幸いです。



Writer PROFILE

  • DAHLIA★さん

    Instagram:▶︎@dahlia.dahli
    「シンプルライフ×シンプルスタイル」▶︎http://シンプルライフ.jp.net

    湘南在住、40代主婦。以前は、食器棚に入りきらない食器や雑貨、クローゼットに収まらない服と、モノにあふれた生活をしていましたが、引っ越しを機に、自分とモノとの関係を見直しました。まだまだ理想半ばの生活を送っていますが、モノに執着しないシンプルでスッキリとした暮らしを夫婦で築いていきたいと思っています。
    著書『毎日が気持ちいい 湘南シンプルライフ』(光文社)

DAHLIA★さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ