おやつ作りが好きなわたしのおうちごはん

印刷用を表示
2019/01/24 08:00

惚れ惚れするような、美しいおやつの写真をInstagramに投稿しているsachiさん。おやつ作りが大好きで、息抜きにもなっているというsachiさんですが、毎日のごはん作りはどうされているのでしょうか? それぞれに向き合う、sachiさんの想いをコラムにまとめてもらいました。

おやつ作りが好きな私のおうちごはん

 こんにちは、sachiです。新年明けてから、1回目のコラムになります。

 今年も変わらずおやつ作りを楽しみ、日々私が暮らしの中で考えていることやちょっとしたおやつのレシピを、ここでご紹介していければと思います。どうぞよろしくお願いします。

2018年に掲載した記事の一部。気づけば、もう17回、こうしてコラムやレシピを書いていました。
2018年に掲載した記事の一部。気づけば、もう17回、こうしてコラムやレシピを書いていました。

 さて、今回のテーマは「おやつとごはん」についてです。

 おやつを手作りしようと考えている方は、同じく口にするものとして、ごはんでも何か気を付けていることがあるのでは? というお話をいただき、このテーマとなりました。

 たしかに、私はInstagramで日々作ったおやつの写真をメインに記録として投稿していますが、あまりごはんの話には触れないことが多いのです。そこで今回は、日々のごはんについても少し話題を広げたいと思います。

 恐らく、Instagramで食の投稿に興味がある方は、大体、ごはんやおやつが大好きな方、食いしん坊な方だと思います。かく言う私もその1人で、おやつはもちろん、食べ物全般が大好き!(笑)

 なので、家事の中でも1番好きなのは、お料理(+おやつを作ること)でした。

 食いしん坊だと、お料理にもこだわりが出てきたり、こんな風に作りたい! という好奇心でいろんなことに挑戦するのではないかなと思います。特別な材料を買って、レシピ本を開いてちょっと違う国のお料理を作ったり……なんていうのも楽しいですよね!

 ただ、結婚して家庭に入ると、お料理は毎日の積み重ね。毎日がハレの日ではないので、普通の日の我が家の食卓はきわめてシンプルだと思います。

この日は、鶏肉の甘酢煮とアボカドのお刺身、キャベツとごぼう天のお味噌汁、にごはん。デザートにりんごといちごをきりました。
この日は、鶏肉の甘酢煮とアボカドのお刺身、キャベツとごぼう天のお味噌汁、にごはん。
デザートにりんごといちごをきりました。

 夕食のメニューもメインのおかずにご飯、汁物、副菜一品、あればりんごなどの果物をカットして並べるのが基本のスタイル。私はお仕事で日中家を空けているわけではないので、作り置きなどもあまりしません。作っても、1~2日で食べきれる量を少し、という感じです。

オクラの胡麻和えは、2日で食べきれる分を。主人のお弁当のおかずにも登場します。
オクラの胡麻和えは、2日で食べきれる分を。主人のお弁当のおかずにも登場します。

 Instagramを始めた頃は、記録として食事もアップしようかなと考えたことがあったのですが、毎日カメラを構えるのも疲れるし、使う食材に見栄を張ったり(食費の管理だってありますし)、ついつい頑張りすぎちゃうかもしれないな……と。そういう理由で、ごはんに関しては、SNSでの投稿はしないことに決めました。

  • 1
  • 2

関連リンク

sachiさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ