書店員さんに聞く「本の選び方」

印刷用を表示
2019/01/16 12:00

本を買おうと本屋さんに行って、悩んだ経験や困った経験はありませんか? 丸善とジュンク堂の書店員さんに、本の選び方を聞いてみましょう。

 「本を購入したけれど、内容がイメージと違って後悔した……」そんな経験ありませんか?

 または、「同じ本でも出版社が違うと具体的に何が違うのか分からない」「種類が多すぎてどれを選べばいいかわからないときがある」「子どもに読ませたい本を探すのが難しい」といった、本の選び方で困ったことはありませんか?

 ハイブリッド型総合書店「honto」のサイトで、丸善・ジュンク堂書店の書店員さん3名が「本の選び方・探し方のヒント」を紹介してくれる記事が公開されました。

 その内容を少しご紹介しましょう。

なにはともあれ、 とにかく開いてみることが1番!

Q.子供に絵本・児童書を買ってあげる際、「良い本」を選ぶコツはありますか?

 A.ランキングとか広告を作品選びの参考にすることもあると思いますが、子供向けの本はそこでは測ることができない部分が大きいと思います。

 子供って本当に千差万別で、例えば生後2か月と3か月と4か月で全然違っていて、当たり前ですが同じ生後2か月だとしても、同じ子供は一人としていないですよね。なので、親が子供に絵本を買うときは、子供のことを一番分かっているご自身の“感性”とか“感覚”を信じて選んでいただくことが大切だと思います。

 そのために、まずは実物を手に取って開いてみることが一番です。

 それと、これは色々な場所で言っていることですが、自分にとっての“相性の良い本屋さん”を選ぶことは大切だと思います。同じ絵本でも隣通しに並んでいる本によって棚やお店の“表情”は変わってきます。なので、お客様それぞれに、「この棚が好き」とか「この本屋が好き」という感覚が絶対にあると思っています。ぜひ、自分にとって“居心地の良い本屋”を探してみてください(丸善丸の内本店 児童書担当 兼森理恵さん)

自分に合うかどうかは、「目次」で見極める

Q.ビジネス書や社会書を立ち読みする際に見るべきポイントはありますか?

 A.選んだ本が自分に合っているかどうかは、目次の筋立てを読んでいただけると良いと思います。目次を見て気になる章があれば、その章の本文を読んでみる。そこの内容や表現が求めている形で書かれていれば、自分のテーマに合う本かもしれません。

 お客様の課題感やお仕事の内容は千差万別なので、それに合う本も千差万別だと思います。えば、ビジネスの名著と言われている本が、その人に合うかどうかは目的や職種によってまったく変わってきます。

 書店員はお探しの本のキーワードを頂ければ、広く紹介できますので、ぜひお声掛けください。(丸善丸の内本店 社会書担当 藤村泉さん)

好みの文学賞やブックガイドの活用がおすすめ

Q.売れ筋ランキングや広告では見つからない「良い文芸作品」と出会うコツはありますか?

 A.やはり、店内の手書きPOPで推している作品は担当者自身が読んで「面白い!」と感じた本であり、たくさんの人に読んでもらい「売れ筋ランキングに入ってほしいな」という思いもこもっています。「何か面白そうな本はないかな?」という方は、まずは手書きPOPが付いている作品や棚から見ることをお薦めします。

 自分の中で好みの“文学賞”を決めておくこともお薦めです。例えば、芥川賞を受賞した純文学作品が好みであれば、“芥川賞の受賞作家”を入り口に本を探していくことができます。

 私は三島由紀夫賞やメフィスト賞に好みの作品が多いので、まずその賞の受賞作品を読んでみて、良いと思ったら同じ作家の他の作品も読んでみます。ついで、その作家さんが帯を書いている作品を手に取り、さらには“あとがき”を書いている作家さんの作品を買ってみたりもします。

 そのような感じで作品がどんどん繋がっていきます。この流れを繰り返しているうちに、本の“帯”の文言や“表紙”の雰囲気だったりが自分に合うかどうかが分かってくると思います。

 読めば読むほど良い作品に出会える可能性は高まると感じています。

 あとは好きな作家さんが書いている「ブックガイド」も参考にしたり、最近はTwitterをされている作家さんも多いのでSNSからの情報も本選びに活用することができると思います。(ジュンク堂書店吉祥店 文芸書担当 田村知世さん)

 さすが本屋さん、とても参考になる意見ばかりですね。

 他にもhontoでは書店員さんおすすめの本や、どうしても決められない時にどうする? といった疑問への回答もあります。もっと詳しく本選びのことが知りたい!という方は見に行ってみてはいかがでしょうか?

 「あなたに合った本との出会い方を書店員が教えます。」
 https://honto.jp/article/honerabi.html

関連リンク