創業101年、象印が提案する暮らしの道具

印刷用を表示
2019/01/28 12:00

 「使いやすくて、気が利いていて、オシャレな調理家電」と聞いて、憧れのブランドがいくつか頭に浮かぶのでは? その中に、新たに仲間入りしそうなシリーズが象印から登場します。

 魔法瓶でおなじみの象印。創業101年目を迎えました(そんなに昔からあるとは……ご存知でしたか?)

 この節目に、象印から現代の暮らしに合わせた“暮らしの道具”が送り出されます。それが、機能性と使いやすさ、日常生活に溶け込むシンプルなデザイン性を兼ね備えた「STAN.(スタン)」シリーズです。

 暮らしに“STANDBY(スタンバイ)”し、安全で使用しやすい“STANDARD(スタンダード)”な製品をつくり続ける。そんな象印の“STANCE(スタンス)”を詰め込んだ道具。「STAN.」にはそんな3つの意味が込められています。

 このシリーズで最初に販売されるのはIH炊飯ジャー、電動ポット、コーヒーメーカー、ホットプレートの4つ。

写真左上から時計回りに、IH炊飯ジャー(NW-SA10型)、電動ポット(CP-CA12型)、ホットプレート(EA-FA10型)、コーヒーメーカー(EC-XA30型)
写真左上から時計回りに、IH炊飯ジャー(NW-SA10型)、電動ポット(CP-CA12型)、ホットプレート(EA-FA10型)、コーヒーメーカー(EC-XA30型)

 いずれも、主に仕事と子育てで忙しい毎日を過ごしている人が、楽しくラクに家事ができることを目指して作られています。そのため、お手入れが簡単で離乳食が手軽に作れるメニューがあったり(炊飯ジャー)、転倒時の湯漏れ防止構造や熱くなりにくい設計になっていたり(電動ポット)、熱いプレートのふちに直接手がふれにくい設計がされていたり(ホットプレート)します。

 さらに、「機能性や安全性だけでなく、オシャレでインテリアに馴染む家電がいい」そんなわがままな私たちも納得できるような、デザインが取り入れられています。

 象印の歴史と技術と、思いやりから生まれたSTAN.シリーズは2019年2月1日発売予定です。

STAN.を体験できるコンセプトショップ

 あわせて、東京 表参道にコンセプトショップ「STAN. TABLE」が11日間限定でオープンします。

外装イメージ
外装イメージ

 STAN.シリーズの展示および、ホットプレートやコーヒーメーカーを用いた試食・試飲や、STAN.シリーズを使った調理体験ができるワークショップが実施されます。なお、ワークショップは開催期間の土日限定で、次のプログラムが予定されています。

 2月2日(土)~3日(日) 手のひらサイズで見た目もかわいい「3種のミニお好み焼き」を調理

 2月9日(土)~11日(月・祝)  バレンタイン前にホットプレートで作れる「ハワイアンパンケーキ」を調理

 製品が気になる方や、実際に見てみたい方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

【コンセプトショップ概要】

日程:2019年2月1日(金)~2月11日(月・祝)

時間:11:00~19:00(最終日のみ17:00まで)

場所:SIDE(東京都港区北青山3-6-19 1F/2F)

HP:https://www.zojirushi.co.jp/syohin/stan/shop/

関連リンク