手元に残す写真を増やしたい場合は

 収容枚数が決まっているアルバムだと、いただいた写真や学校で買った写真などを枚数にカウントしていないと、年度ごとに収まらないこともあるかもしれませんが、そんな時も、このアルバムならページを増やすことができます。

L版サイズではない写真は、年度ごとにフリー台紙にまとめています。
L版サイズではない写真は、年度ごとにフリー台紙にまとめています。

 私は、1つのバインダーに3年分まとめているので、子供が成人するまでこの方法でまとめても、バインダーが7冊で完結する計算になります。

バインダーの収納可能枚数/フリー台紙:約32枚、リフィールポケット:約40枚

 この形に落ち着くまでは、同じように一年に一回データ整理はしていましたが、枚数を定めず印刷したい写真を印刷して、アルバムも特に揃えていませんでした。

 しかし、それにはこんなデメリットが。

・年々写真が増える。
・厳選していないから、同じような写真が多い。
・同じような写真でも、一度印刷した写真をなかなか捨てることができない。
・アルバムに統一感がない。

 そこで、4年前に結婚した年度から整理して、今に至ります。

 データは、DVDと外付けハードディスクに年度ごとに保存していますが、ほとんど見ることはなく、気休めで保存しているだけです。

chieさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ