アルバムをつくる理由

 こうして印刷してアルバムにまとめておくと、手軽に過去の様子を振り返ることができるんです。たまにアルバムを開いて、家族で当時の様子を話したり。

 私は、家の中や庭の様子を写真に収めるのが好きです。特に庭は、夫と一から作り上げてきたので、まだ何もなかった庭の様子や大変だった敷石作業の写真を見ては、「よく頑張ったよね~」と、いつも笑い話になります。

 毎日過ごしている何気ない家の中も、数年経つと絶対変わっているから、今の様子を写真に収めておいて、数年後に振り返ってみて下さい。

 結構、面白いですよ。

 また最近、娘が学校で「自分発見」という学習のため、生まれた時から一年生までの写真を持ってくるという課題がありました。

 そんな時も、大量のデータを見返すのは大変ですが、年度ごとに印刷しておけば、写真選びもデータ探しもすぐにできました。

 アルバムは、リビング横の私の家事室に。

子供も取り出しやすいように、机の下に置いています(写真館で撮っていただいた写真やアルバムは別に保管)。
子供も取り出しやすいように、机の下に置いています(写真館で撮っていただいた写真やアルバムは別に保管)

 写真やデータは一度ベース作りをしてしまうと、毎年同じようにまとめるだけ。私の中では、一年に一度の大掃除感覚で整理しています。

 隙間時間にしていた、一年間のデータ整理ですが、トータルでかかった時間は、6時間くらいかな…。

 毎年思うことは、定期的にデータを整理しておけば、印刷したい写真を選ぶ作業がもっと楽になる…ということ。今年は、月一データ整理を目標にしたいと思います。

 印刷は、毎年しまうまプリントでネット印刷しています。100枚以上はメール便の送料が無料なので、まとめて印刷した方がお得です。

こんな感じで綺麗に梱包されて、ポストに投函されます(A4サイズ)。
こんな感じで綺麗に梱包されて、ポストに投函されます(A4サイズ)

 簡単に写真が撮れる今、日々増えてしまう写真データ。

 一年に一度、「整理→バックアップ→削除」してスッキリし、今年もたくさんの思い出を写真に残しましょう!

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。



Writer PROFILE

  • chieさん

    「おうちのなかみ」https://ouchinaka.exblog.jp/

    「毎日過ごす住まいを心地よく」をテーマに、子供から大人まで、お片付けしやすい仕組み作りと植物を取り入れたインテリアを楽しんでいます。

chieさんの記事一覧

もっと読む