アメリカ人の旦那様とNYに暮らして8年になるミーシャさん。アメリカ人の家計管理と節約について教えてくれました。

アメリカにも家計簿はある?

 毎年10月になると多彩な家計簿が一斉に本屋に並ぶ光景は、すっかり日本の秋の風物詩になりましたね。

 実は私も結婚してから家計簿をつけ始めました。といっても、アメリカで日本のような家計簿はないに等しいので、わざわざ日本から取り寄せて、ドルで記入して使っています。

 アメリカの文具専門店で日本の家計簿に相当するものを探したら、マネートラッカーというものが1冊だけ、かろうじて置いてありました。でも中身は簡単すぎて、とても家計簿としては使えない代物です。書店でも見かけないので試しにアマゾンで検索してみたら、2、3冊だけありました。家計簿と呼べそうなものが(笑)。

 中を見ると、ただ出費を書き連ねるだけというシンプルなもの。まとめのページには出費の項目が印刷されています。こういったアメリカに対し、なぜ日本はこれほど家計簿の種類が多く充実しているのか考えてみたのですが、これだけインターネットやスマートフォンのアプリが定着しても、まだまだ日本人は「紙に書く」という作業が苦にならないのでしょうね。私の場合は好きでしていますが(笑)。

 日本のような家計簿がないとなると、ほとんどのアメリカ人はアプリで家計管理をしているのか?と思いますよね。アメリカに興味がある人なら、アメリカ人の金銭感覚はどんぶり勘定だというのを聞いたことがあると思います。実はその通りだったりして……。

Mischaさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ