無印良品が提案する、新しい服の選びかた

印刷用を表示
2019/01/19 19:00

 無印良品のアパレルライン「MUJI Labo」から2019年春夏シリーズが発表されました。

 無印良品の「MUJI Labo」は、自由な発想から無印良品の新しいベーシックな衣服づくりに挑戦する商品群です。

 このほど、2019年春夏シリーズ新商品の発表が行われました。大きな特徴は、これまでの紳士ウェア・婦人ウェアのような性別で区別した服作りをやめて、すべて男女兼用の服を展開すること。

 「全ての服に性別がなく、年齢、体型関係なく着用できるサイズ感」

 「ベーシックで組み合わせ簡単な色」

 「シンプルでそぎ落とされたデザイン」

 「組み合わせ簡単な形」

 「カップルや夫婦、親子でもクローゼットを共有でき必要最小限のワードローブになる」

 これらをテーマとした試みです。

 2019年1月以降、月ごとの服種のテーマが以下のように決められて、毎月新作が登場します。

 1月:コート

 2月:スウェット

 3月:シャツ

 4月:Tシャツ

 5月:シャツ

 6月:機能性素材

 6ヶ月でワードローブ全体が完成するという形です。

 お洋服はベーシックで、シンプルで、ミニマルなものを。とお考えの方は、毎月MUJI Laboをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 ちなみに、次のような商品が登場する予定です

 ・撥水リバーシブルノーカラーコート 17,900円(税込)(1/16 発売)

 ・綿裏毛ドロップショルダージップアップパーカー 7,990円(税込)(2月 発売予定)

 ・綿高密度スタンドカラーシャツ 7,990円(税込)(3月 発売予定)

 ・綿二重編みドロップショルダーTシャツ 3,990円(税込)(4月 発売予定)

 ・綿ブロードスタンドカラー半袖シャツ 5,990円(税込)(5月 発売予定)

 ・吸汗速乾縦横ストレッチクロップドパンツ 5,990円(6月 発売予定)

関連リンク