川崎で「ディストピアを撃て!映画祭」開催

印刷用を表示
2019/02/05 06:00

 日本映画大学が主催する特集上映会が開催されます。1日3本、計9本のバラエティ豊かな作品ラインナップです。

 2019年2月9日(土)~11日(月)の期間、川崎市アートセンターにて「ディストピアを撃て! 映画祭」が開催されます。

 日本映画大学の映画・映像文化コース3年生の授業「上映企画ワークショップ」の一環で、学生自らがテーマや作品の選定、ゲストの出演交渉、チラシ制作などの広報活動を行うというものです。

 担当教員の石坂さん曰く

 今回は上映権の交渉が大変で、料金が高いメジャーなもの、会社が倒産していてNG、上映期限切れなど、しばしば壁に突き当たった。(中略)そんななか、ブレのない9本のラインアップを集められたのは僥倖だった。ステキなゲストの方々のお話も楽しみだ。

 とのこと。

 そんな、学生さんたちが苦労して企画したプログラムは次のとおり。毎日異なるテーマで3本の作品が上映されます。

2月9日(土)伊藤計劃3本立てDay

『屍者の帝国』 14:45~

 (2015/日本/120分/監督:牧原亮太郎、原作:伊藤計劃、円城塔)

 SF作家伊藤計劃氏の原作小説3作を連続劇場アニメ化していくPROJECT ITOHの第1作。冒頭の草稿30枚を残して早逝した伊藤計劃の物語を、生前親交の深かった円城塔が書き継いだ一作。

『虐殺器官』 17:10~

 (2017/日本/114分/脚本・監督:村瀬修功、原作:伊藤計劃)

 夭折の作家・伊藤計劃の最高傑作と名高い『虐殺器官』のアニメ化。PROJECT ITOH公開第3弾。

『ハーモニー』 19:30~

 (2015/日本/119分/監督:なかむらたかし、マイケル・アリアス、原作:伊藤計劃)

 PROJECT ITOH公開第2作。大災禍によって崩壊を迎えた世界の物語。

 ★ゲストトーク:小川哲氏(SF作家/『ゲームの王国』日本SF大賞・山本周五郎賞受賞)

2月10日(日)「十年」比較Day

『バトル・ロワイアル【特別篇】』 14:45~

 (2001/日本/122分/監督:深作欣二、編集:阿部亙英(日本映画大学教授)、出演:藤原竜也)

 深作監督晩年の過激な暴力描写が議論を巻き起こしたティーン映画の傑作。

『十年 TEN YEARS』 17:15~

 (2015/香港/108分/監督:クォック・ジョン、ウォン・フェイパン、ジェヴォンズ・アウ、キウィ・チョウ、ン・ガーリョン)

 世界中の映画祭を騒がし、その後日本・タイ・台湾へと派生していくことになった「十年」プロジェクトの第1弾(※)。2015年の10年後の香港を描く。

 ※10年後の香港を舞台に若手監督5名が近未来を描いたオムニバス映画「十年」。これを元に自国の10年後の社会や人間を描く国際共同プロジェクトが、十年プロジェクトです。

『十年 Ten Years Japan』 19:30~

 (2018/日本/99分/監督:早川千絵、木下雄介、津野愛、藤村明世、石川慶、エグゼクティブプロデューサー:是枝裕和)

 10年後の日本を題材に、5人の若手作家によって作られたオムニバス映画。是枝裕和監督が製作総指揮。

 ★ゲストトーク:藤村明世氏(「その空気は見えない」~『十年 Ten Years Japan』監督)

2月11日(月・祝)アンドロイドDay

『メトロポリス』14:45~

 (2001年/日本/107分/監督:りんたろう、脚本:大友克洋、原作:手塚治虫)

 人間とロボットが共存する巨大都市国家メトロポリス。圧倒的映像美の傑作。

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊[2.0]』17:00~

 (2008/日本/85分/監督:押井守)

 サイボーグが一般化し、脳から直接ネットワークに接続できるようになった近未来を描く大ヒット作。

『さようなら』18:50~

 (2015/日本/112分/脚本・監督:深田晃司、原作:平田オリザ)

 平田オリザのアンドロイド演劇が原作。深田監督は2016年に『淵に立つ』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞している。

 ★ゲストトーク:深田晃司氏(『さようなら』監督)

 ※上映作品及び、上映時間、登壇ゲストは都合により変更する場合があります。

 何か映画を見たいけど最新作はピンとくるものがない方や、普段見ない作品にふれてみたい方は映画祭に足を運んでみてはいかがですか?

【開催概要】

日本映画大学 特集上映会「ディストピアを撃て!映画祭」

日程:2019年2月9日(土)、10日(日)、11日(月・祝)

会場:川崎市アートセンター アルテリオ映像館(小田急線・新百合ヶ丘駅北口・徒歩3分)

料金:一般・学生・専門・シニア・障がい者(付添1名まで)1,000円/高校生以下800円/アルテリオ・シネマ会員800円(ポイント対象外)※アルテリオ・シネマ招待券は使用不可

前売券:800円を窓口にて販売(限定数、2/8(金)まで)

主催:日本映画大学

共催:川崎市アートセンター

関連リンク

これもおすすめ