フランス人の旦那様と4歳の息子さんと、パリで暮らすマダム愛さん。フランス流子育てに学ぶことが多いと言います。今回は「フランス流の説明する育児」。一体どんな様子なのでしょうか。

赤ちゃん連れ。バスが事故で緊急停止!

(イメージ写真=iStock.com/LeoPatrizi)
(イメージ写真=iStock.com/LeoPatrizi)

 息子がまだ生後半年くらいだったときのこと。

 彼を連れて出かけていた時に、乗っていたバスでトラブルが発生したことがありました。バスが自家用車と接触し、相手の車のガラスが壊れて緊急停止してしまったのです。

 平日の午前中だったこともあり、バスに乗っていたのは数人程。

 私はバスに乗ってすぐ、ベビーカーを所定の場所に起き、息子を抱っこしながら席に座っていたのですが、この緊急事態にどうしたら良いのかわからず、右往左往してしまいました。

 なぜなら、バスが止まった場所の横には、駐車している車があり、ベビーカーを降ろせる後ろの大きな出口のドアの前が完全にブロックされてしまっていて、降りられる状態ではなかったのです。

マダムが助けてくれた!

 困り果てている私に、一人の年配のマダムが来てこう言いました。

 「事故でバスは動けないから、前の小さな出口から出るしかないわ。ベビーカーは小さくなるの? 皆で手伝うから安心しなさい!」と。

 ああっ!助かる!

 それじゃ、私は息子を抱っこして前から降りればいいのね!!!

 でも、とりあえずベビーカーを小さくする方法を皆に説明するために、抱っこしている息子をどうにかしなければ。一人で椅子に座らせたら落っこちちゃうかな? でも、抱っこひもは持ってきていないし……。だからと言って、ベビーカーに座らせるわけにはいかないし……。

 やむなくベビーカー近くの広い座席に息子を一人で座らせようとしたとき、先ほどのマダムがこう言ったのです。

「赤ちゃんに、きちんと説明しなさい!」とマダム

 「あなた! 息子さんは赤ちゃんでも今の状況が普通でないのはちゃんとわかっているのよ! ただ座席に座らせるなんて、息子さんがかわいそうじゃない! 今の状況をきちんと説明し、お母さんの考えを伝えないと赤ちゃんだって不安になるのよ!」と。

 そしてそのマダムは、椅子にいる息子のほうに行き、彼の目を見ながらしっかりとした口調でこう説明し始めたのです。

 「いい? 今、あなたの乗っているバスは、事故を起こしたの。このバスはもう当分動かないから、私達は今からこのバスを降りないといけないの。そのためにはまず貴方の車(ベビーカー)を私達で小さくして、前のドアからおろすわ。貴方のママはその手伝いをしてもらうけれど、準備ができたらすぐに彼女はここに来て、貴方を抱っこして一緒に降りるから、安心しなさいね。貴方が心配することは何一つないし、これからも決して起きることはないわ。約束する!」と。

 そこから皆でベビーカーを下ろしてくださり、私は息子と一緒にバスを降り、とりあえずその場を切り抜けることができたのですが、この出来事は後々、私にずっと影響を与えました。

 なぜならこれこそまさに、”フランスの子育て”の中で大事にされていることの1つであり、それを身を以て体感した出来事だったからです。

マダム愛さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ