京都に登場!まったく新しいドーナツ屋さん

印刷用を表示
2019/01/31 12:00

2019年3月、京都に新しいドーナツファクトリー「koe donuts(コエ ドーナツ)」が登場します。キーワードは「オーガニック」「天然由来」「地産地消」。どんなお店なのでしょうか。

 earth music&ecologyなどアパレルやライフスタイルのブランドを展開する会社、ストライプインターナショナル。同社のライフスタイルブランドで「New Basic For New Culture」をコンセプトとするkoe(コエ)が、2019年3月21日に、ドーナツファクトリー「koe donuts(コエ ドーナツ)」1号店を京都にオープンします。

 最大の特徴は、お店に向上が併設していること。石臼で粉を挽き、オリジナルのベルトコンベヤー式フライヤーでドーナツを揚げ、トッピングをして……とドーナツ作りの全工程を見ることができます。

 イートインは出来立てのドーナツをナイフとフォークで味わうスタイル。テイクアウトメニューには、バリエーション豊富で、目で見て楽しいドーナツが並びます。

自宅用だけではなくギフトにも最適。
自宅用だけではなくギフトにも最適。

 ドーナツといえば定番おやつの反面、高カロリーなイメージがありますよね。でも、koe donutsでは、原料は京都産をはじめとする国産素材を使用し、「オーガニック」「天然由来」「地産地消」をキーワードに、低カロリーで上質な新しいドーナツを作るとのことです。

 そして、もう一つ、このお店の注目ポイントがあります。それは様々なクリエイターが関わっている点。

 店舗デザインは日本を代表する建築家・隈研吾さんが手掛けます。

 内装は“奥へと導く竹かごの空間”をテーマに、京都嵐山の竹を使用した伝統的な六ツ目編みのかごを572個用いた、柔らかな仕上がり。かごの網目から漏れるライトは、店内に陰影をもたせ安らぎの空間を演出してくれます。

 ショッパーやナプキンなどにプリントを施したイラストは人気イラストレーター・長場雄さんがデザイン。

メインキャラクターは、ドーナツ好きな世界中の人々の気持ちを表現し、親近感あるデザインの“ドーナツ博士”
メインキャラクターは、ドーナツ好きな世界中の人々の気持ちを表現し、親近感あるデザインの“ドーナツ博士”

 そして、パッケージ&グラフィックデザインはkoe全体のブランディングを手掛ける artless Inc.の川上シュンさんが担当します。

 はたして、一体どんなドーナツ屋さんなのでしょう? 京都に出かける機会があれば、koe donuts訪問もスケジュールに組み込んでみてはいかがですか。

【ドーナツファクトリー「koe donuts」概要】

オープン:2019年3月21日(木・祝)

所在地:京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町557番地 京都松竹阪井座ビル 1F

席数 :65席+スタンディング

HP:https://donuts.koe.com

Instagram:@koe_donuts

関連リンク