モノをコレクションし、大好きなモノに囲まれる幸せもあります。モノが少ない人のほうが幸せ、なんてことはありません。ですが、「自分にとって本当に必要なのか」を意識して片付けをしてみると、自分の持ち物それぞれへの愛着が増すはずです。ぴょこぴょこさんが、昨年末に「2018個捨て」にトライした理由を教えてくれました。

身軽になって新年を迎えたい

 昨年の12月半ばにAngieさんの記事「さよなら2018!2018個のものとお別れしよう」を読みました。

 なんだか面白そう! やってみたい! と思い、早速チャレンジしてみました。

 私が「2018個捨て」を始めたのは、2018年残り2週間というタイミング。たった残り2週間で2018個ものモノを捨てられるとは思いませんでしたし、私は何でもかんでも捨てることを良いとも考えていません。

 ただ、「不要なモノは処分し、身軽になって新年を迎えたい」と考えました。処分といっても、できればゴミにしたくありません。そのため、状態が良いモノはフリマアプリに出品するなどしてリサイクルしました。

 リサイクルを含めて、処分できたモノの数は781個。2018個には遠く及びませんでしたが、家の中はスッキリしました!

2018個捨ての記録。育児書など読まなくなったものは捨てました。
2018個捨ての記録。育児書など読まなくなったものは捨てました。

1年に1回は「全部出し」を

 2018個捨てを行う前から、1年に1回はすべての持ち物の見直しをしています。一気にすると大変なので、衣替えのタイミングで服を見直したり、収納の中が埃っぽくなってきたなと感じたら中のモノを全部出すなど、掃除のついでに見直しています。

全部出しの手順

 全部出しは、押し入れ丸ごと行うときも、引き出し一つ分だけ行うときもあります。私は、次のような手順で進めています。

1.ここを片付けよう!と考えたら、その場所のモノをすべて出す。
2.不要なモノが出てきたら、1か所にまとめて置いておく。
3.中を掃除して、収納ケースを元に戻す。このとき、収納ケースの位置は、より使いやすい配置を思いつけば変更する。
4.よく使うモノから順番に、取り出しやすい場所に収納する。
5.最後のほうまで残ったモノは、本当に必要かを改めて考え、要不要の判断をする。

タイマーをセットして一気にやる方法もおすすめです!
全部出しスタート!タイマーをセットして一気にやる方法もおすすめです!
はじめに、とにかく全部出します!
キッチンの全部出しを行った時の様子です。
全部出しをした後は、引き出しの中もかなりスッキリ!
全部出しをした後は、引き出しの中もかなりスッキリ!

 全部出しをすると、不要なモノを戻すのが嫌になります。中身を全部出して、再び戻す作業は、けっこう大変です。さらに、必要なモノから取り出しやすく収納しスッキリすると、それ以上詰め込むことに抵抗を感じるのです。

 モノがこれだけならとても使いやすくて、見た目も美しい! と感じたところで、戻す作業をいったんストップします。その時点でまだ収納できていないモノに向き合うと、不要と判断できるモノが見つかります。こうして、全部出しをする度に、我が家は少しずつスッキリしていきます。

  • 1
  • 2

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む