子どもが持ち帰ってくる大量のプリント。あっという間に山になってしまいませんか? 今回ご紹介するのは、そんな書類の管理方法について。片付けやすく、心地よく過ごせる空間づくりを日々研究中というchieさんのコラム連載9回目。

子どもの書類の嵐、どう整理する?

 もうすぐ、入学シーズンですね。

 私は二児の母でして、今年は下の子が幼稚園を卒園し小学生になります。

 上の子が小学生になった時に感じたのは、小学生になると、とにかく書類が多い。

 緊急のことはメールでお知らせがきますが、その他のことは、書類を通してお知らせがきます。

 そこで今回は、大量の書類を分かりやすく管理する方法と、幼稚園・小学校生活でまとめて作っておくと便利なモノついて書きます。

書類管理のポイント1.年間と月ごとにざっくり分ける

 まずは、書類管理から。

 私は、まず、年間を通して必要な書類と、月単位で不要になる書類に分けています

KOKUYOの付箋カバー付きクリヤーホルダーで、子ども別に、ざっくり分けています。
KOKUYOの付箋カバー付きクリヤーホルダーで、子ども別に、ざっくり分けています。
年ファイルに入れているのはこんな書類

・立哨当番の年間予定表(自分が当番の日は、手帳に記入しています)
・名簿などの個人情報
・年間を通して引き落とされるお金の詳細
・PTAの活動表
・学校要覧
など…

月ファイルに入れているのはこんな書類

・月間予定表
・授業参観や運動会など、イベントの詳細が書かれたプリント
・下校時間が早い日のお知らせ
など…

 こんな感じで、ざっくり分けておくだけで、プリントを探す時も時短です。

 普段は、月ファイルをメインにチェック。その際に、過ぎたお知らせプリントや月間予定表などは、処分しています。

 年ファイルをチェックするのは、1年に1回くらい。新年度になった時に、新しい書類に差し替えています。

書類管理のポイント2.書類は立てて保管する

 そして、これらのホルダーをファイルボックスに入れて、立てて保管しています。

 書類は、横にすると管理が大変。立てて保管したほうが、取り出しやすく、管理しやすいです。

 新年度は、記入しなければならない書類が何かと多い時期。いずれ書かなければならないので、なるべく早く片づけるようにしています。

小学校・幼稚園生活でまとめて作っておきたいモノ

 次に、まとめて作っておくと便利なモノ。

名前ラベル

 私は、パソコンでまとめて名前ラベルを作って、子ども別にホルダーに入れています。

 

 

 最近は、子どもが自分で名前を書くことが増えてきましたが、綺麗に名前ラベルを貼りたいモノには、サッと貼れるようにまとめて作っています。

 

 

 一年生は特に、名前を書かなくてはいけないモノが多いんです。

 算数ブロックや計算カード、クレヨン、クレパスなどの小物は、名前を書くのが大変なので、名前ラベルが便利ですよ。

 先日、下の子の学用品を買ってきたので、ぼちぼち入学準備に取り掛かろうと思っています。

お迎えメモ

 小学校では連絡帳に直接記入するので不要になりましたが、子どもが幼稚園に通っている時にはとても便利です。

 我が子の通っている幼稚園ではバス通園の場合、直接迎えへの変更時、必ず電話をするかメモを渡さなくてはいけません。

 そこで、毎回日付と名前と要件を書くのは面倒なので、パソコンでまとめて作っておいて、日付だけ記入するようにしています。

前もってやっておいた作業が、朝の忙しい時間を助けてくれます。同じようなシステムになっている方、ぜひ、作ってみて下さい。
前もってやっておいた作業が、朝の忙しい時間を助けてくれます。同じようなシステムになっている方、ぜひ作ってみて下さい。

 四月からはバスの送り迎えもなくなり、子ども達が自分で登下校するようになると思うと、母の仕事が一つ減り、嬉しいような悲しいような…

 娘が20歳になるまで、あと12年。

 息子が20歳になるまで、あと14年。

 長いようで、あっという間な期間を楽しんで子育てを頑張りたいと思います。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。



Writer PROFILE

  • chieさん

    「おうちのなかみ」https://ouchinaka.exblog.jp/

    「毎日過ごす住まいを心地よく」をテーマに、子供から大人まで、お片付けしやすい仕組み作りと植物を取り入れたインテリアを楽しんでいます。

chieさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ