もうすぐ春。サクラをおいしく、楽しもう

印刷用を表示
2019/02/17 06:00

春といえばやっぱりサクラ。受験生を抱えているhanaさんのおうちでは「サクラサク」を心待ちにしながら、こんなふうに「食」と「サクラ」を楽しんでいるそうです。

我が家の受験生にもサクラサク、カモーン!

 皆さまこんにちは!

 寒い毎日が続きますね。インフルエンザが猛威をふるっておりますが、元気に過ごされていらっしゃいますか?

 我が家は今のところ、流行の波にのることなく平常運転中。このまま無事にやり過ごしたいものです。

 私ごとになりますが、hana 家では昨年に引き続き今年も受験生を抱えております。

 高校受験も大変でしたが、大学受験はその上の上を行きますね!

 努力を積んできた本人が一番重荷を背負っておりますが、共に歩む親も、背負うものの種類は違えど重さはさほど変わりません。

 表向きはいつもと変わらず接しているつもりですが、心の中は心配と不安でモヤモヤ。

 頑張ってきた様を見てきていますから、彼の望む大学と両思いになれたらいいなぁと、心の底から願っています。

 サクラサク、カモーン!

 ということで、今回は春到来のイメージの強い、サクラのあれこれを食目線で書かせていただこうと思います。

花も食べられるなんて、サクラはすごい

 子どもの頃、梅とサクラの区別がつかずに母に叱られていたhana ですが、いまはバッチリ大丈夫(笑)。

 薄いピンクの小さな花達は心が華やぎますね。

 かわいらしいだけじゃなく、花も葉も食べられるのですもの、素敵すぎます(笑)。

 どんな食材も同じことが言えますが、初めて食した方はすごいです。

 塩漬けにして保存する知恵もこれまた素晴らしい! 何かの賞を差し上げたいくらい。 

 桜もちの葉っぱ、食べる派? 食べない派?

 塩漬けのサクラの葉といえば桜もちですね。

 皆さまは、桜もちの葉っぱは食べる派? 食べない派? hana は食べる派です。子どもの頃はしょっぱいだの美味しくないだのと言って、はがしていましたが、その頃に戻って、はがされたかわいそうな葉たちを食べてしまいたいです(笑)。

 あん+皮+サクラの葉を一緒に食べると甘じょっぱい感じがなんとも美味ですよね!

 何度か白玉粉を使って桜もちを作ったことがありますが、しばらく遠ざかっています。久しぶりに作りたくなってきました(笑)。

hanaさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ