今年で27回目になるという、日本最大級の器の祭典「テーブルウェア・フェスティバル2019」。器好き、テーブルセッティングに興味のある方にはたまらないこのイベントに行ってきました!

国内最大級の器の祭典!

 東京ドームで行われる『テーブルウェア・フェスティバル2019』。今年は2019年2月3日より2月11日までの9日間、開催されました。国内外の有名食器メーカー、産地ブランドの出展があるほか、テーブルセッティングのコンテスト出展作品も展示され、前回は約28万人が来場したという一大イベントです。

 私が行ったのは平日の朝10時、オープン少し前。入口にはもう入場を待つ人たちの列ができていました。

 今年の特集企画はドイツ。ヨーロッパ磁器発祥の国で、高い技術で器ファンを魅了し続けるドイツの熟練職人たちによる逸品や、日本初上陸のモダンな器まで、憧れのドイツクオリティが間近で見られるとのこと。

マイセン
マイセン

 また「波佐見焼」の個性豊かな世界を紹介する展示や、ボタニカルをテーマに各国の陶磁器・ガラス&クリスタルも見どころです。

波佐見焼・石丸陶器
波佐見焼・石丸陶器

 さらに、石坂浩二さん、黒柳徹子さん、小倉優子さんなど各界の著名人による「テーブルセッティングによる食空間提案」、「第27回テーブルウェア大賞~優しい食空間コンテスト~」に加え、250以上の窯元や作家などから直接購入することのできる「展示販売コーナー」なども充実しているということで、ワクワクしながら行ってまいりました。

 写真たっぷりでご紹介していきます。最後にテーブルウェア・フェスティバルを満喫するためのアドバイスも参考にしてくださいね。

関連リンク

みんなの暮らし日記編集部さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ