あれも欲しい、これも欲しい。あれもしなきゃ、これもしなきゃ。気がつくと抱えるものが多くなって最終的には「もう全部投げ出したい!!」と思ってしまうこと、ありませんか? そんな時、やまぐちさんはある事をしているそうです。暮らしと心を整える方法とは?

持たない暮らしの裏側に、こんな願望

 「全てを捨て去って逃げてしまいたい! 全部投げ出したい!!!」

 つい、そう瞬間的に感じて、暮らしから飛び出したくなる瞬間ってありませんか?

 私はごくよくあります(笑)

 ミニマリスト……持たない暮らしを選ばれ、旅をしながら暮らしている方もいらっしゃいます。

 身動きしやすいように、トランクケースやリュックサック一つでどこへでも飛び出していける。

 「ああ! もう! 全部投げ出したい!」

 そんな願望が持たない暮らしのどこかに、「モノを持たない」という選択をしたどこかに投影されているのかな……? とも感じます。

 情報過多の時代ですし、気がつくと部屋にモノが溢れかえってしまうように「あれもしなきゃ、これもしなきゃ……」が増えてしまうのかもしれません。

 私自身もぼんやりしていると、「あれ?これ、別に私がやらなくても良かったんじゃないの?」と思うようなことを引き受けてしまい、後悔してしまうこともしばしば。

モノも予定も、自分が管理できる範囲に

 モノを増やさないこと以上に、必要以上の予定を詰め込まない。

 それも暮らす上で大切なことだなあ……と、日々感じます。

 増え過ぎた予定も管理しきれないと、予定があったこと自体を忘れてしまう。

 自分が把握できる範囲の予定だけを入れる・管理しやすい方法を考える。

 見えなくなると忘れてしまう……人とモノとの関係性は、思わぬところへ反映するようです。

 モノの場合は収納スペースや探し物を探す時間や、余分な買い物で失う金銭などですが、人とのやり取りは信用を失ってしまいますので、結構深刻です。

 だからこそのプレッシャーも大きいのだと感じます。

今、旅に出ることができたら

 子供や家族がいますと、どうしても予定外がありますよね。

 それが連続し、キャパオーバーを起こすと疲れが溜まってしまい……

 「全部投げ出したい!」「リセットしたーい!」と、思ってしまいます。

 とはいえ、我が家には思春期真っ盛りの受験を控えた中学3年生の息子と、中学1年生の娘が一人。

 家族がいると、なかなか「全てを投げ出して!」とは行動を起こしづらいですよね。

 「二週間ぐらい旅に出ます!」

 と、旅に出られたらどれだけ幸せなことだろうなあ……と、妄想に耽ります。

どこか遠くに行きたい、そう思いつつ眺めるいつもの風景
どこか遠くに行きたい、そう思いつつ眺めるいつもの風景

 じゃあ、なぜ旅に出るという行動を起こさないかと言いますと。

 本音の部分では、旅に出ることを面倒だからやりたくないのかもしれません。

 知らない土地へ出かけても、寂しくなり、家族が恋しくなってしまうかもしれません。

 別に観光がしたいわけでもなく、ご当地グルメを堪能したいわけでもない。

 旅に出ることが目的ではなくて「自分が抱え込んでいる全部を投げ出したい!」のです。

やまぐち せいこさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ