冬靴をしまう前に、カビと湿気の対策を!

印刷用を表示
2019/03/07 07:00

冬に履いた靴、そのまま収納していませんか? 一年後、履こうと思った時に「カビが生えてる!!」なんてことにならないために、役立つケア用品をご紹介します。

冬靴のカビ対策、していますか?

 衣替えの季節を迎え、冬靴やブーツをしまう際に気になるのが、「カビ」。カビの原因になる汚れを落として保革をしても、いつの間にかカビが発生していたり…。

 そこで、ご紹介したいのが、防カビ剤『レザーキュア カビ用ミスト』。

レザーキュア カビ用ミスト 1,200円(税抜)/コロンブス

レザーキュア カビ用ミスト 1,200円(税抜)/コロンブス

 ミストに含まれる成分が菌の表面に付着、カビを破壊してくれます。また、抗菌剤は皮革製品の中までしっかり浸透するように、マイクロカプセル化。皮革の中に入り込んだ菌に作用することで、カビの生育を抑制しカビの発生・再発を予防します。

 使い方は簡単で、直接スプレーするだけ! 靴にすでにカビが生えている場合は、スプレーした布で皮革表面のカビを拭き取った後、カビの生えていた部分に直接スプレーします。

 さらに風通しのよい場所で陰干しし、皮革用クリームでお手入れすることで、カビの再発を防ぐことができます。

靴の収納には湿気除去が必須!

 冬の靴の収納時に、もう一つ気を付けたいのが湿気の除去。特に、ブーツは湿気がこもりやすい形状なので、靴の奥まで届くタイプの乾燥剤の使用が効果的です。

 『シュードライ』(紳士用)と『シュードライミニ』(婦人用)は、シリカゲルを使用した乾燥剤。

シュードライ 1,100円、シュードライミニ 600円(各税抜)/コロンブス
シュードライ 1,100円、シュードライミニ 600円(各税抜)/コロンブス

 これを靴の中に入れておくと、1足当たり『シュードライ』で約180g、『シュードライミニ』で約45gの水分を取り除いてくれるのだそう。靴の先端まで入る形状になっているので、靴の奥までしっかりと乾燥させることができます。

 使用しているシリカゲルは、乾かすと再利用できるタイプで、半日程度、直射日光に当てると、除湿能力が回復するのも嬉しいところ。普通に使用すれば6か月間使用が可能とのことです。

 スプレーするだけ、靴の中にポンと入れるだけのお手軽アイテムで、冬靴収納前のお手入れをしてみてはいかがでしょうか。

これもおすすめ