3人のお子さんを育てる人気インスタグラマーのeriさん。子どものいる生活の中で、これはもう、暮らしに欠かせないという便利なモノを紹介してくれました。

 “こどものいる暮らし”10年目に入りました。

 その中で、うちにある買ってよかったもの、長く使っているものを3部門に分けて紹介します。

食卓で欠かせないもの

 まずは食卓編。

その1 小ぶりのスープカップ

 結婚してすぐ、義姉宅にあったスープカップが使いやすかったので、大人用に購入しました。しかしこどもには少し大きく重かったよう。右手で持ったり左手で持ったり持ちにくそう……。

 そうして探していたときに“これっ!!”と出会ったのが、持ち手が両方についた、やや小ぶりのもの

4th-market」の「ブロカンテ スープカップ」です。

 どちら向けにおいても持ち手があり、さいごまで飲み切るときも両手で支えられるのでこぼすこともなく、思った通りとても使いやすそうです。

 もちろん大人になっても使えるし、今のお鍋シーズンは特に大活躍です(お鍋の取り分けで、器が熱くて持てないこと、ありますよね)。

その2 トレイいろいろ

 もう1つはこちらも食事にかかせない、トレイです。

 トレイがあると、その中が自分の分、とわかりやすく仕切れます。

 食べこぼしや、本気こぼし(という言葉はないかもしれないけれど、お茶や牛乳、汁物全般に)をちいさい範囲でストップさせられます。

 トレイにのせると、簡単なごはんもそれなりに見えるところも気に入っています。

 朝ごはんは小さめのトレイ、おやつにはこれ、と少しずつさまざまなサイズが集まってきました。

 小学生になると、「ごちそうさま!」のあとは、それぞれがトレイごと台所に運んで、シンクに器を置いて、トレイを拭いて仕舞うところまでできると、いい流れです。

 夫のひとり晩ごはんや、わたしのお茶時間にも活躍。

 木のものをもうひとつ欲しいなあと探しています。

eriさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ