イギリスはDIY発祥の地といわれているほど、住まいに対して思い入れが強い国民性。でも実際住んでみると、ちょっと驚くことも多いんだとか。イギリス在住のMarchさんが教えてくれました。(トップイメージ写真=iStock.com/Ozgur Coskun)

 少しずつ春の兆しが見えてきましたね。

 イギリスでも、ここ数日、1998年以来の気温上昇で例年より早く、アーモンドの花が一気に花開いてきました。

これがアーモンドの花なんです。桜とそっくり
これがアーモンドの花。桜とそっくりなんです

 イギリスに来たばかりの頃は、桜の花と見間違えたこのアーモンドの花。今では、アーモンドの花が咲き始めると、春の訪れを感じるようになりました。

 アーモンドの木は、街路樹として植えられていることが多く、我が家のすぐ目の前の道路にも何本も植えられていて、この時期の楽しみの一つとなっております。

アーモンドの花は街路樹として植えられています
アーモンドは街路樹として植えられています

 さて、今回はイギリスのDIY事情についてご紹介してまいりましょう。

DIY発祥の地・イギリス。自分たちでやるのは当たり前

 日本でも昨今はDIY(Do it yourself の略。自分自身で家の工事や改装などをすることをいいます)ブームで、数年前には森 泉さんなどを筆頭に、「DIY女子」なんていう言葉もできたほど、女性の間でも、DIYが流行していると聞きました。

 このDIY、発祥はまさしくここイギリスと言われていますが、イギリス人はとにかく住居に関しての思い入れが強い国民性。

 家を買うと、何年もかけて自分たちでちょっとずつリフォームしながら、自分たちの住みやすい家へと変えていくのです。

家を自分好みに変えていくイギリス人

(イメージ写真=iStock.com/AndreaAstes)
(イメージ写真=iStock.com/AndreaAstes)

 これは、前回の記事でもちょっと触れましたが、イギリスの住宅は、地震のある日本と違い、100年前に建てられたお家も珍しくありません。定期的に家の手入れをする必要があるのです。

 また、同じところにずっと住み続けるのではなく、生活スタイルに合わせて、ヤドカリのように家を移っていくのが普通なので、前に住んでいた住民のテイストの残った家を自分好みの物に変えていく必要があるのです。

 自分でできることは自分でやる! ペンキ塗りや壁紙貼りなどは自分たちでやるのは当たり前。

 さらに器用な人であれば、床貼り、キッチン、などなど、あらゆる場所を自分たちで直してしまう人たちもいるということです。

充実しているDIYショップ

 DIYが決して珍しいことではないここイギリスでは、DIYショップも、非常に充実しています。

ヨーロッパ最大級を誇るDIY専門ショップ B&Q
ヨーロッパ最大級を誇るDIY専門ショップ B&Q

 売り場面積も非常に広く、一般向けとは思えない品揃え(*もちろん、プロのリフォーム業者や大工さんなんかからも利用されているショップです)。

ペンキの種類も半端ない量です
ペンキの種類も半端ない量です
壁紙も選びたい放題
壁紙も選びたい放題
ドアだって、DIYで自分たちで取り付けます
ドアだって、DIYで自分たちで取り付けます
キッチンシンクだって選びたい放題
キッチンシンクだって選びたい放題
工具もプロ仕様のものまで取り揃えています
工具もプロ仕様のものまで取り揃えています

 こういった充実したDIYショップに加え、ほとんどのイギリス人家庭で、一家に一冊はあるのでは?と思うのが、DIYのガイドブック。

我が家にも御多分に漏れず、分厚いDIYの本が2冊もあります
我が家にも御多分に漏れず、分厚いDIYの本が2冊もあります

Marchさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ