知り合いに会いたくない服は着ない。持たない。

印刷用を表示
2019/03/13 07:00

12万を超えるフォロワーさんがいる、人気インスタグラマーのゆりさん。昨年一番反響があったのが「知り合いに会いたくない服は着ない。持たない。」という言葉だったそうです。

服は、心の栄養にもなっている

 「知り合いに会いたくない服は着ない。持たない。」

 去年、Instagramで一番反響があったのがこの言葉。

 その日着ている服が微妙だったり、メイクが髪型が適当だったりする日は、「知り合いに会いたくないな~」って思いますよね。

 服やメイクや髪型って対外的にしているようで、お気に入りの服の日や髪型が決まっている日は気持ちまでも前向きになる。つまり心の栄養にもなっていると思うんです。

 今日はわたしを見ないで、誰も来ないでって1日中思っているよりも、誰かに会いたい!と思って過ごす1日のほうが楽しいし、行動範囲も広くなる。

 だから気持ちを後ろ向きにさせるような服があれば着ないほうがいいし、着ない服は手放したほうがいいと思う。

クローゼットは自分がオーナーのセレクトショップです

 そうは言っても、あまり着ない服でもなかなか捨てられないものですよね。

 でもお家のクローゼットは、自分がオーナーのセレクトショップみたいなものです。

 いつ行っても店の端から端まで好みでジャストサイズの服を並べておける。そんなお店が近くにあれば最高だし、服を選ぶのってすごく楽しいと思いませんか?

 そこに好きだけどサイズが合わない服だったり、着心地が悪い服が混じっていたりすると、その楽しさに探す面倒が混じってくるし、そういう服は正直管理も面倒です。

 お家のクローゼットなら誰に遠慮もせずに、いつでも入荷も在庫管理もできるのだから、今の自分を信じてセレクトしたいものです。

ゆりさんの記事一覧

もっと読む