「餃子フェス」、GWに3都市同時開催!

印刷用を表示
2019/03/13 06:00

今年のゴールデンウイークに東京、大阪、広島の3会場で同時開催される「餃子フェス」。餃子ブームの新たなシーンを切り開く、注目の出店店舗・メニューの第一弾が発表されました。

女性好みの新たなトレンド餃子

 3年目となる「餃子フェス」は今年、初となる3都市同時開催。

 餃子の楽しみ方が多様化する中、新定番のチーズ餃子、牛肉餃子、ピリッと刺激的な旨辛餃子、プリプリのえび餃子など、例年よりもさらにパワーアップした充実のラインナップが揃います。

東京会場<駒沢オリンピック公園>出店店舗

チーズに旨辛!女性好みをギュッと詰め込んだ、こだわり餃子に注目!

 メディアで話題の激辛殿堂店「赤い壺」と、姉妹店の会員制にんにく料理店「白いつぼ」が各店の自信作を引っさげて同時出店! オリジナルの七味唐辛子を厳選ブレンドした“唐辛子香る旨辛餃子”と、極上にんにくの旨味と香りが食欲をそそる“えびと大葉のガーリック餃子”が同時に食べられる大チャンスです。

 イタリアン出身のシェフによる独創的な餃子が特徴の「餃子とワイン屋」からは、ドライトマトとチーズを贅沢に使った“トマト香るイタリアン餃子”を。

 4種のチーズを使用した濃厚なソースと餃子のマリアージュが楽しめる「餃子専門 丸虎」の“とろとろメルティチーズ餃子”は、ワインやシャンパンとの相性もぴったりです。餃子女子会の定番はチーズ餃子で決まり!

 野菜で色づけされたSNS映え◎なカラフル餃子は「Pot Sticker’s Tokyo」から。ホワイトは肉汁たっぷりの肉餃子、ピンクの餡にはキムチ、グリーンの餡には高菜、イエローの餡にはたくあんが練りこまれ、ヘルシーかつジューシーで味わい深い餃子をお楽しみいただけます。

 また、「餃子フェス」の名物メニューといっても過言ではない「羽根つき焼小籠包 鼎’s(Din's)」も女性から支持の高い行列店。旨みたっぷりの熱々スープがあふれてくる超級肉汁メニューの羽根つき小籠包は外せません。

大阪会場<大阪城公園>出店店舗

大阪こそニュースタイル餃子がアツい!

 各地で注目を集めているシビ辛フードがついに餃子界に到来! 通常サイズの2倍ほどもあるインパクト抜群の“シビカラ麻辣ジャンボ餃子”は、コク深い肉汁と痺れる辛さが癖になる「麺屋 女王蜂」の自信作。

 看板メニューの鴨餃子を引っさげて参戦する「オペレッタ52」は、とろ〜りチーズがコラボした“鴨餃子チーズタッカルビ”を提供。自家製のコチュジャンソースで甘辛く仕上げたここでしか食べられないプレミア商品です。

 さらに、「泡ギョーザ ファンホリック」からは “泡ダレ”と“粉ラー油”で食べるニュースタイルの泡餃子が登場します。

広島会場<旧市民球場跡地>出店店舗

初上陸の広島会場には、歴代の「餃子フェス」を盛り上げてきた店舗が堂々参戦!

 行列必須の「肉玉そば おとど×浅草開化楼」は、特製背脂を練りこんだ味付き餡を多加水の皮で包み、パリッとモッチリした食感が楽しめる“東京名物 肉汁おとど餃子”をお届け。

 インパクト絶大「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」の豪快にかぶりつきたい“東京手羽餃子”は、大ぶりの手羽先を丁寧に骨抜きし、自家製餡をたっぷり詰め込んで唐揚げに。

 さらに「餃子の宮でんでん」の“小江戸黒豚 胡麻坦々水餃子”は、心も体もホッとできるスープ餃子。肉汁あふれる大きめの餃子は、山椒がアクセントの本格的な香麻辣醤スープとの相性バツグンです。

 ゴールデンウィークのご予定がまだお決まりでない方、おでかけされてみてはいかがでしょうか。

■開催概要

【東京】:餃子フェスTOKYO 2019
開催期間:2019年5月2日(木・休)〜5月6日(月・休)<5日間>
営業時間:10:00〜21:00 ※初日12:00〜、最終日〜20:00
会場:駒沢オリンピック公園 中央広場
料金:入場料無料(飲食代別途) ※食券(600円/枚)、電子マネー利用可

【大阪】:餃子フェス0SAKA 2019
開催期間:2019年4月30日(火・休)〜5月6日(月・休)<7日間>
営業時間:10:00〜20:00
会場:大阪城公園 太陽の広場
料金:入場料無料(飲食代別途) ※食券(600円/枚)、電子マネー利用可

【広島】:餃子フェスHIROSHIMA with 世界のビールとグルメスタジアム2019
開催期間:2019年5月2日(木・休)〜5月6日(月・休)<5日間>
営業時間:10:00〜21:00 ※初日12:00〜
会場:旧広島市民球場跡地
料金:入場料無料(飲食代別途) ※食券(600円/枚)、電子マネー利用可

▼公式HP

これもおすすめ