ニュース

あなたはうどん派? そば派?

印刷用を表示
2017/09/28 12:00

「うどん」か「そば」どちらかを選ぶとしたら、あなたはどうしますか? ある調査会社が実施した、うどん派・そば派に関するアンケート調査の結果をご紹介します。

 突然ですが、みなさんは麺類はお好きですか?

 ラーメン、パスタ、素麺……いろいろな麺がありますよね。

 では、「うどん」と「そば」どっちが好き? と聞かれたらどちらを選びますか?

 調査会社のドゥ・ハウスが「うどん」派さん、「そば」派さんが

 それぞれ感じている麺の魅力やこだわりを調べました。

 今回は調査結果をご紹介したいと思います。

うどん派は46.5%、そば派は35.3%

 うどん派は女性の割合や、関西・四国出身者の割合が高く、日常的にチルド麺や冷凍麺でうどんを食べているようです。

 一方そば派は男性の割合が高く、また、関東出身者がそば派と答える傾向があります。そば派は飲食店や乾麺でそばを食べているようです。

 うどん派から見たうどんの魅力は

 「食感・のど越し・後味がよい」「調理が手軽」との声が多くあがったほか

 「満腹感が得られ、腹持ちがよい」、「安価でおいしくて満足できる」なども

 うどんならではの魅力として認識されていることがわかりました。

 そば派曰く、他の麺にはない、そばの魅力は「香りのよさ」や「ヘルシーで胃もたれしない」こと。

 確かに、それぞれに良さがありますよね。

うどん・そば、普段どんな風に食べてる?

 うどん派は、冷凍麺やチルド麺などを使って主に自宅で食べているようです。

 天ぷらなど豪華に見えるトッピングと一緒に食べている人も。

 一方そば派は、外食や旅先でそばを食べるシーンが多く、香りや季節感を楽しむ人も。

 ご当地そばがあるから飽きない、という意見もあるようです。

うどん派がそばを、そば派がうどんを食べる時

 うどん派にとって、そばは「ヘルシーで年配の人が好みそう」、「江戸っ子がサクッと食べるもの」などのイメージがあり、

 自身がそばを食べる機会は「年越し」や「引っ越し」など、そばを食べることが習慣化されたイベントのときや、

 「そばの産地や名店を訪れたとき」にとどまるようです。

 一方で、「自宅でもっと簡単においしく調理できるそばが発売されたら」、という声も。

 そば派にとってうどんは「食べごたえや満足感がほしいとき」や「風邪をひいたとき」の食べ物という印象があるようです。

 実際に食べるシーンも「そばよりも食べごたえのあるものを食べて満腹感を得たいとき」や、「寒い日」。

 また、「細くて食べやすいうどん」や「低糖質なうどん」があれば、という声もあり

 そばのような食べやすさやヘルシーさを求めている様子がうかがえます。

 調査概要
 ・調査期間:2017年7月10日(月)~7月19日(水)
 ・調査手法:20代~60代の男女1,000名にWebアンケートを実施。回答結果から30名を選び、普段の食べ方や、魅力などを詳しく聴取。

 うどん派さんが語るうどんの魅力、そば派さんが語るそばの魅力、いかがでしたか?

 どちらもおいしそう! と思ってしまう編集部なのでした。

 少しずつ肌寒い日も増えてきたので、温かい麺類を夜に食べるのもいいかもしれないですね。

関連リンク

これもおすすめ