衣替えのついでにクローゼットもすっきり♪

印刷用を表示
2019/03/23 09:00

そろそろ冬服をしまおうかな……と、お考えの方も多いかと思います。衣替えは、クローゼットの収納を見直すいい機会です。普段は掃除しないところまできれいにして、スッキリ春を迎えましょう!

自分スタイルのウォークインクローゼットを設計!

 こんにちは。整理収納アドバイザーのeiriyyyです。

 すっかり春の気配を感じられる季節になってきましたね。ファッションも冬物から春物へと衣替えをする時期です。そこで今回は、我が家のクローゼット&衣替え事情をご紹介したいと思います。

 我が家のクローゼットは、小さいながらも、ウォークインクローゼットです。

 寝室など部屋の中にクローゼットがあるのがどうしても気に入らず、リノベーションするときに、独立したウォークインクローゼットを設計することにしました。

こちらが設計図面。赤い部分がウォークインクローゼットです。
こちらが設計図面。赤い部分がウォークインクローゼットです。
 棚やバーは、固定せず、可動式に。収納するものや季節に応じて、高さを変えることができるので、空間を無駄なく使うことができます。

 棚やバーは、ガチャ柱という穴のあいた金具を壁に埋め込み、金具を使って好きな位置に動かす仕組みです。こちらは、なかなか高度な技かもしれませんが……。アパレル出身の私にとって、ガチャ柱は身近な存在だったので、家のクローゼットにも取り入れることにしました。

 寸法も、念入りに図面を作成して決めました。棚のサイズは2種類のみ、左右同じつくりにして、色んな形で使えるようにしました。おかげで、オイルヒーターなど大きな家電の箱も、棚の位置を変えればすっぽりと収まります。

 バーは、洋服の長さに合わせて、上下させます。コートやワンピースなども楽々かけられますよ。

  住み始めて4年経ちますが、これまでに何度も位置替えをしてきました。

 新しい物を購入して収納するとき、「あと少し棚の位置が高ければちょうど入るのに!」という地味なストレスがなくなりました。自分でシンデレラフィットを作れるのです(笑)!

スッキリ見せるコツはハンガーにある!

 大人用のハンガーは、長年使用したIKEAの木製ハンガーから、ニトリのすべりにくいハンガーに乗り換えました。とても優秀で、使い勝手抜群です。

 トップス用とボトムス用で、合わせて80本ほど購入して、全部で8,000円くらい。某ハンガーをそろえるよりは、かなりコスパが良いです。しかも、木製ハンガーに比べるとコンパクトなので、省スペースにも。かけられる洋服の数も増えました。

 そしてこのハンガー、洋服をかける部分にシリコンが付いているので、名前の通り、本当に滑りません! 薄いテロっとした素材のものや、ストラップ付の洋服もかけやすい。ボトムスもこのハンガーに変えてから、見渡しやすくなりました。ちなみに、ジャケットや型崩れしやすい洋服だけは、木製のハンガーにかけています。

キャミソールの紐も滑り落ちない!
キャミソールの紐も滑り落ちない!

 娘のハンガーは、これまでZARA babyの金属ハンガーを使用していましたが、小さくなってきたので、300円ショップ Coucouで、ピンク×ハートのノンスリップハンガーに変えました。5本で300円と、こちらもコスパ良し! この他にも、イエロー×スターと、レッド×リボンのバリエーションがありました。どれもデザインのバランスが良くて、可愛かったですよ。

 ラブリーすぎるかなと買うのを迷いましたが、娘はこの春から幼稚園。自分で着替えを率先してやってもらうためにも、気分の上がる好きなものでそろえてあげようと思い、購入しました(笑)。

 ハンガーを統一すると、見た目も良くなります。ごちゃごちゃしがちなクローゼット、まずはハンガーを統一することから始めてはいかがでしょうか。

  • 1
  • 2

eiriyさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ