お洗濯ぎらいな靴下の物語。

洗濯機を回し終えて、
「さぁ!あとは干すだけだ!」
と、洗濯カゴを持って颯爽と歩いた瞬間、
足元に気配を感じました。
なんと、洗濯し忘れていた片方だけの靴下がそこに居たのです。
「あぁ…やってしまった…」
と、しばらくの間靴下を見つめていました。



Writer PROFILE

  • 大谷製作所さん

    Instagram:@otaniseisakusyo

    LINEスタンプも作っています!https://line.me/S/shop/sticker/author/181937


    京都出身のイラストレーター。
    ディスプレイ会社、メーカーを経て、イラストレーター活動を開始。
    自身のキャラクター「むっちりニャンコ」を通して、日々のあるあるを連載しています。

大谷製作所さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ

  • 海外の家事・暮らしって実際どうですか?

    アメリカ式「間取り」はここが違う

    ドイツ系アメリカ人の旦那様とNYに暮らすミーシャさん。アメリカの不動産...

  • みんなの暮らし

    毎日、洗濯物は「手洗い」しています

    専業主婦が天職、というくらい専業主婦生活を満喫している、まんま...

  • むっちりニャンコの生活コラム

    ご飯のお供

    白いご飯と一品あれば、それだけでもう幸せなのです。

  • むっちりニャンコの生活コラム

    洗濯日和

    嫌われ者の雨。しかし彼が達成感をもたらしてくれるのもまた事実。