甘じょっぱさが絶妙!おからと本みりんで作るかりんとう

印刷用を表示
2019/04/16 09:00

愛知県にあるお豆腐屋さんの人気商品「きらず揚げ」をご存じでしょうか? おからを材料に作られたおやつで、硬めの歯ごたえと絶妙な甘じょっぱさが、あと引くおいしさなのだそう。そんな「きらず揚げ」をアレンジし、米粉と本みりんで作るレシピを田辺さんが教えてくれました。

発酵調味料に魅せられて

 みなさん、こんにちは。田辺真穂です。

 いつもみりんスイーツの記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 腸を整える食事や美しくなる食べ方を学ぶうちに、発酵調味料に魅了されたわたし。本みりんを使ったみりんスイーツを作り始めて、約2年が経ちました。今では、完全にみりんオタクです(笑)。

 前回は、ちょっとマニアックな調味料「みりん粕」を使用したチーズケーキのレシピをご紹介しました。前回の記事を読んで、みりん粕に興味を持ってくださったり、手に取ってくださったりした方が、少しでもいたら嬉しいなと思います。

 本みりんだけでなく、「みりん粕」にもハマっている最近は、スイーツだけでなくお料理にも使っています。おいしい食べ方を日々探索中です。

サラダ

 先日は、みりん粕と塩を混ぜたものを炒めて粉チーズ風にし、サラダにかけてみました。

 また、みりん粕スイーツも紹介しますので、その際はどうぞお付き合いくださいませ。

きらず揚げって、なに?

 それでは、今回の本題。今日ご紹介するみりんスイーツは、「みりんと米粉のきらず揚げ」です。

 きらず揚げとは、愛知県の「おとうふ工房いしかわ」さんの大人気商品で、国産のおからと小麦粉、粗糖を練ったものを揚げたおやつ。いわば、おからのかりんとうです。

 シンプルな材料なので、子供にも安心して食べさせられます。おからがほんのり香り、優しい甘さと塩気の絶妙なバランス、そしてボリボリと硬い歯ごたえがたまらない! わたしも息子も大好きなおやつです。

 そんなきらず揚げを、本みりんと米粉でアレンジして作ってみました! さっそくレシピをご紹介します。

本みりんと米粉で作る「きらず揚げ」

きらず揚げ

【材料(約70枚分】
[A]生おから 80グラム
[A]米粉 80グラム
[A]片栗粉 20グラム
[A]塩 小さじ1
[A]ベーキングパウダー 小さじ1
[B]みりんシロップ 60グラム (みりんシロップの作り方はこちらから)
[B]米油(他の油でも代用可) 20グラム

【作り方】

1.ジップロックなどの袋に[A]をすべて入れ、よく振って混ぜ合わせる。

2.(1)に[B]を加え、袋の上からよくもんで、生地をひとまとめにする。

3.袋の上からめん棒で生地が2~3ミリの薄さになるように伸ばす。

4.袋の端を切って、生地を2センチ角の正方形に切る。わたしは本家を真似て、フォークであとをつけてみました。

5.鍋に油(分量外)を入れて弱火にかけ、150~160℃くらいの低温で15分ほど、こんがりきつね色になるまでカリッと揚げる。

6.揚がったら油を切って、完成!

きらず揚げ
ちょこっとポイント

・袋を使うと手も汚れず、洗い物が少なく済みます。片付けが楽だと、おやつ作りもやる気が出ます!(笑)
・生地のまとまりが悪い場合は、様子をみながら、油を少し足してください。
・生地の薄さによって揚げ時間は変わります。

 おからと本みりんの香りに、カリッと揚がった香ばしさ。本家も甘さは控えめですが、砂糖を使わない分、さらに甘さ控えめに。あとを引くようなクセになるおいしさで、食べだすとついつい手が止まらなくなります。お好みで、砂糖や塩、きな粉などをまぶして食べてもおいしいですよ。

  • 1
  • 2

田辺 真穂さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ