パン好きならチェックしたい、とっておきのカフェオレ

印刷用を表示
2019/04/07 10:00

「パン好きの牛乳」の第2弾が登場! パン好きならチェックしておきたい、「パン好きのカフェオレ」をご紹介します。

パンの味を邪魔しない、パン好きのための牛乳

 みなさん、カネカ食品が販売している「パン好きの牛乳」をご存じでしょうか? 

 SNSなどで話題になり、どんどん販路を拡大している「パン好きの牛乳」。発売当初は、関東・関西のベーカリーでしか見かけることがありませんでしたが、最近ではスーパーなどでも販売されているようです。

 青山パン祭りで配布されたこともあるため、パン好きならチェック済みの方も多いと思います。

 そんな「パン好きの牛乳」の第2弾、「パン好きのカフェオレ」が4月1日に新発売されました!

 商品をいただいたので、編集部で試飲したところ……。パンと一緒でなくても、すごくおいしい(笑)。牛乳のコクはありながら、後味も甘さもスッキリしています。

 その後、どうしてこれが“パン好きのための”カフェオレなんだろう? とじっくり考えながら、飲んでみました。

 パン好きの方は、きっとパンを食べる前にパンに鼻を近づけて、くんくんと香りをかいでから食べるはず。まずはパンを温める前に、小麦の香りや酵母による独特な香りを。パンを温めたら、その香ばしさを。

 また、香りだけでなく、切ったときの断面などの見た目もチェックしたいところ。食感も重要で、バゲットならクラスト(皮)の厚さや硬さ、クラム(中身の部分)のもちもち具合やしっとり具合などを観察しながらいただきます。つまり、パン好きは、五感で味わいながらパンを食べるのです(笑)。

 だから、パンと合わせる飲み物は、パンの味を邪魔しないことが大事。もしくは、オリーブオイルやバター、ワインなど、パンとのマリアージュを楽しみたいときもあるかと思います。

 「パン好きのカフェオレ」は、パンの味を邪魔しない前者のタイプ。牛乳のコクもコーヒーのほろ苦さも十分に感じられるけれど、後味はスッキリしていて、牛乳を飲んだ時の口の中にまとわりつくような嫌な濃さがありません。

 「パン好きのカフェオレ」で使われている材料は、北海道産の生乳94%使用とかなりリッチな配合。コーヒー豆は、深みのある味わいが特長のグアテマラ産を使っているそうです。

 ちなみに、「パン好きの牛乳」は、有機乳製品をヨーロッパ各国に展開している、ベルギー創業のPUR NATUR社と技術提携をして開発されたもの。カネカ食品の想いやこだわりの強さがひしひしと伝わってきます。

 「パン好きの牛乳」「パン好きのカフェオレ」は、主にベーカリーでの販売となっていますが、オンラインでも購入できるようです。一部の取り扱い店舗は、企業のHPに記載されているので、こちらからご確認ください。

関連リンク

これもおすすめ