毎日のおうちごはんをInstagramに投稿している、ゆうきさん。ビールもごはんも進みそうな、おいしそうな食卓が大人気です。その献立の秘密を聞きました。

お酒にもご飯にも合うメニューが好きです

―――好きな献立はどんなものですか?

 夫はお酒を飲めませんが、私はお酒が大好き。お酒にもご飯にも合うメニューが好きです。家族みんなお肉が好きなので、お肉料理は毎日のようにしています。箸休めになるものがあると嬉しいので、ちょっとした副菜もいくつか作ります。

 イタリアンは独身の頃に大好きでよく食べに行きました。今は子どもが小さくて、なかなか行けないので、おうちでもおいしいパスタが食べたいと思い、パスタをよく作りましたので、得意です。

 理想は、1食で、10品目以上摂れる献立です。

揚げなすと豚しゃぶのさっぱりだれ(なすは少ない油で揚げ、しゃぶしゃぶ用豚肉はゆでて冷ます。たれは、ポン酢にみりん、白すりごまたっぷりとごま油を合わせたもの)/昨日のポテサラ/ネギまぐろ/小松菜としいたけのさっと煮/いちご/味噌汁
揚げなすと豚しゃぶのさっぱりだれ/ポテサラ/ネギまぐろ/小松菜としいたけのさっと煮/いちご/味噌汁

―――料理について影響を受けた人はいらっしゃいますか?

 以前仕出し屋さんで一緒に働いていた、大先輩です。50代主婦の積み重ねてきたものにはかないません。

 結婚する前は料理に興味がなかったそうなのですが、結婚してからは愛する旦那様のために勉強したそうです。

 当時の私が作ったことのない、凝った和食(れんこんもちや里芋もち、季節野菜のゼリー寄せなど)をいろいろ教えていただきました。

 おいしいお店を見つけると、2人で勉強もかねてランチやディナーに行きました。

 それまでは洋食、イタリアンを主によく作っていましたが、和食の美しさ・おいしさ、野菜を工夫して食べることの大切さを教わりました。おかげで今は、野菜を豊富に使った和食もよく作るように。

 また、ひとり暮らしだった独身の頃は、一日二食で、ほとんど適当なものを食べていましたが、結婚したことも、料理をよくするようになったキッカケとなりました。

 家族が驚いたり喜んだりしてくれるのが嬉しくて、きれいな盛り付けを意識したり、レシピを工夫したり、たくさんの食材を使うようになりました。

舞茸、ズッキーニ、みょうがの天ぷら/ゆで鶏とほうれん草の柚子胡椒和え/ゆでトウモロコシ/千切り長芋/人参ツナ炒め
舞茸、ズッキーニ、みょうがの天ぷら/ゆで鶏とほうれん草の柚子胡椒和え/ゆでトウモロコシ/千切り長芋/人参ツナ炒め
れんこん揚げもちの和風あんかけ(れんこんは約350g。すりおろします。80gくらいはみじん切りにすると食感がいいです。すりおろしとみじん切りを合わせて鍋に入れ、弱火から中火の間の火にかけ、水分が少なくなるまで木べらでよく混ぜながら火を入れます。もったりしたらバットにあけ冷まします。冷めたら、手を濡らし、丸く成形。中にはめんつゆで煮たしいたけ・鶏肉、もう一つには、めんつゆで煮た冷凍小エビ・冷凍貝柱を入れました。片栗粉を軽くまぶし、油で揚げたら、白だし・醤油で作ったあんをかけて、三つ葉をのせます)/ほうれん草のおひたし/長ネギの味噌クリームグラタン/豚汁/中華クラゲときゅうりのサラダ/柿
れんこん揚げもちの和風あんかけ/ほうれん草のおひたし/長ネギの味噌クリームグラタン/豚汁/中華クラゲときゅうりのサラダ/柿

これもおすすめ