イベントレポート

暮らしになじむLOHACO展に行きました

印刷用を表示
2017/10/06 21:00

スッキリ、シンプルに、好きなものに囲まれて、みんなそれぞれ理想の「わが家」像があると思います。そんな「こうしたい」の前に立ちはだかるのって意外と、洗剤や食品といった日用品をどこに置こう問題だったりしませんか? そんな悩みを解消する、置いてあっても嫌じゃない・気持ちがアガる品々が一堂に会する「暮らしになじむLOHACO展」に行ってきました。

素敵な日用品を望むのはわがままでしょうか?

 市販のお菓子や洗剤といった日用品は私たちの生活と切り離せない、大切なパートナーです。

 でも、でも……!

 正直、あまりオモテには出したくないって思うことはありませんか?

 スッキリシンプルなお部屋を目指しているのに「消臭」「洗浄力」「たっぷり●●g!」なんて力強く書かれた商品を置いたら、途端に雰囲気が変わってしまいます。

 時にはボトルのパッケージを剥がしたり、移し替えたりもしてみますが、それはそれで手間だったり、家族からわかりにくいといわれたり。

 機能はそのままに、いつもみたいに気軽に買えて、素敵な商品はないものでしょうか。

 そんなモヤモヤの答えの1つが「LOHACO」のネット通販です。

 実はLOHACOは、様々なメーカーと一緒に「暮らしになじむ」をテーマにしたオリジナルデザインの商品を開発・販売しているんです。

 たとえば、カルビーのフルーツグラノーラ。

 こちら、いつものお徳用。

 こちら、LOHACOで買えるデザインボックス。

 陶磁器作家の石原亮太さんの器をモチーフにした袋の中に入っているのは、いつものフルグラです。

 教えてもらわないと同一商品とは気づけません。印象も全然違います。

いつも使うから、暮らしになじむものを

 LOHACOがこんな取り組みをするのはなぜでしょうか?

 LOHACOを運営するアスクルの木村美代子さんによるとそこには、買い物の方法の変化が背景にあるとのこと。

 ネット通販がなかった時代、日用品はお店でのみ購入する時代。

 商品は店頭で目立つこと、機能をわかりやすく伝えることが重要で、残念ながら家に置くということの優先順位は3番目くらいでした。

 だから、「消臭」ドーン! 「洗浄力」ドーン! 「たっぷり●●g!」ドーン! で、家の中でも妙な存在感を放ってしまうわけです。

 でも、ネットならそんな目立たせかたをしなくても、画像を見て“いいな”と思えば買っちゃいますよね。

 その利点を活かして、家の中で・暮らしの中で自然になじむ、家に置くことを一番に考えた商品を作ることにしたそうです。

 この考え方に賛同したのは48社。そして、61点の商品が10月5日に発表されました。

 実は、これらの商品は東京の代官山T-SITE で開催されている「暮らしになじむLOHACO展2017」というイベントで実際に触れることができます。

 でも、遠くていけない! 行く時間がない! というかたも多いかと思います。

 そこで、次のページからは商品発表会で素敵だな、と感じたものをご紹介したいと思います。

 もし自分の家にあったら、どこに置こう……なんて考えると、ちょっと楽しいですよ!

関連リンク

これもおすすめ