お菓子作り初心者さん集まれ!

印刷用を表示
2019/05/06 09:00

失敗もたくさんしながら、お菓子作りの腕前を少しずつ、でも確実に上げてきたsachiさん。お菓子作りビギナーがつまづきそうなポイントについて、アドバイスをしてくれました。「綺麗に型から外れない」「表面だけ先に焼けてしまって、生焼けになっちゃう」「シフォンケーキが上手く焼けない」などなど、たくさんのお悩みを解消します!

お菓子作りビギナーさん集合~!

 こんにちは。sachiです。

 4月は、新生活が始まったり、新学期が始まったり、なにかと忙しかったかと思います。みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 私はというと、娘の進級により、この春は新しい気持ちで迎えられました。なにか新しいことをしてみたいな、とワクワクしています。

 さて、今回のコラムのテーマは、「お菓子作りビギナーのお悩みあるあるを解消!」です。お菓子作り初心者さんのお悩みに、私の目線からお答えしていけたらいいな、と思っています。

 このコラムを書くにあたって、私はどんなことにつまづいていたかなぁと思い出していました。

 けれども、せっかくInstagramでフォロワーさんとやり取りができるのだから……と気づき、みなさんにお菓子作りで困っていることをお聞きしてみたんです。すると、たくさんの方から返信&質問が!

 いつも私の投稿を見てくださっている方から生の声を聞けて、とても嬉しかったです。みなさんにいただいた質問やお悩みを、いくつかの項目に分けてご紹介していきますね。

焼き菓子などが、綺麗に型から外れない

 型は、いろんな素材のものがありますが、基本的にはどんな素材のものであっても、バターを塗って、薄力粉を振れば完璧だと思います。

 ポイントは、バターをしっかり塗って油膜を作ること。最近は、スプレータイプで油を吹き付けられるものもありますが、これを使う場合は、吹き付けた油を型がはじいていないか、確認してみてください。

生クリームの泡立てが難しい、すぐに緩くなってしまう

 生クリームの泡立ては、タイミングがなかなか難しいと思います。

 純生クリームは、泡立てる時にボウルを氷水に当てて、しっかりと冷やした状態で泡立てましょう。植物性の生クリームは、泡立てすぎてもボソボソになりにくいので、初心者の方にはおすすめです。

 ちゃんと冷やして泡立てたはずの生クリームがすぐに緩くなってしまうのは、恐らく泡立て不足だからだと思います。泡立てすぎるのが心配……という方は、ハンドミキサーでツノが少し倒れるくらいの硬さまで泡立ててから、最後はホイッパーを使い自分の手で泡立てると、泡立て過ぎを防ぐことができますよ。

 さらに、デコレーションケーキを作る場合は、このあとにクリームを塗るという難関もあります。ナッペのコツは、こちらのコラムで詳しく解説しているので、参考にしてくださいね(『ケーキのクリームをきれいに塗るコツ!』

  • 1
  • 2

sachiさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ