DIY=コストダウン? 私の考え方

印刷用を表示
2017/10/26 12:00

既製品とDIYどちらが良いか? を考えた時、検討材料の一つになるのが「コスト」ではないでしょうか。でも、「DIYに費やした時間をお金に換算すれば、そのコストダウンの比率は微々たるもの」とDIYクリエイターchikoさん。では、なぜDIYをするのでしょうか? そこには「バリュープラス」という考え方があるようです。

今回はDIYとコストのお話です

 みなさん、『DIY』と聞くとどんなイメージが浮かびますか?

 昨今のDIYは少しブームになってきたこともあり、イメージは人それぞれかもしれませんが、一昔前は『日曜大工』『木工』『コストダウン』『隙間にピッタリな家具』こんな感じでしょうか?

 その中でも『コストダウン』の部分について触れたいと思います。

 以前のコラムでも触れていますが、私がDIYを始めたのは中古で購入した家が寒くて、でもお金がなくて、自分で直したらコストダウンになるということがきっかけでした。

 つまりDIY=コストダウンだったのです。では、全てのDIYがコストダウンになるかというと一概にそうとは言い切れません。

 私の場合は断熱材が床下に入ってなく、それを業者さんにお願いするとまとまった金額が必要でした。

 それをホームセンターで材料を購入して自分達で施工すると、施工費分がコストダウンになるわけです。

 しかし、実際にDIYに費やした時間をお金に換算すれば、そのコストダウンの比率は微々たるものでしょう。

 でも、費やした時間を楽しめば!

 労力は気にならないし、自分達でやった! という達成感も得られるので、大幅なコストカットです!

 つまり、DIYを楽しむかどうか!

 材料はなるべく安く購入し、費やした時間はプライスレス! そう考えています。

余った端材を大変身!

 最初から材料を全て買ってきて家具か何かを作る!

 これも、もちろんOKですが、それを続けていくと端材(余った木や革等)がでます。

 捨ててしまうにはもったいない。

 それを使ってまた別の作品にするのもまた楽しいです。

 端材を使った作品をご紹介しますね。

 こちらは余った板と革を組み合わせて、ラベルを貼って、レザーポケットボードを作りました。

 余った木片にラベルを貼って、マグネットやキーホルターにしています。

 他にも、不要になったハンガーの金具と端材でキッズ用のハンガーを作りました。

 どうですか?

 捨ててしまう前に何かに使えないか、ちょっと考えてみると工夫次第ではそれがまた価値を生み出します。

 DIYはコストダウンという効果もあれば、こうして新たな価値を作り出すこともできるのです。

 そして、コストダウンよりも、新たな価値を作り出す方が、夢があってちょっとワクワクしませんか?

 最近はシンプルや断捨離、収納そんなインテリアが素敵ですよね!

 私も断捨離したいです!(笑)

 そして、片付けしやすい部屋にしたいです。

 でも、DIYでちょっとだけ、楽しむこと、生み出すことも大切だと考えています。

 考えて作る。デザインする。

 『可愛い!』『かっこいい!』と感動する。

 そんなワクワクはバリュープラス!です。

chikoさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ