五月病対策は“香り”?アロマでストレス緩和を

印刷用を表示
2019/05/09 07:00

ゴールデンウィーク明けのこの時期、どうしても色々なことが億劫に感じ、体調も崩しがち。そんな時にピッタリなのがアロマ。心理的ストレスを緩和してくれる効果があるのだそうですよ。

アロマの香りが不安・恐れなどの心理的ストレスを緩和する

 私たちの生活はさまざまな香りに満ちています。台所のにおい、洗濯物のにおい、木々のにおい……日常の中に溢れたにおいはあまり意識することはないけれど、ふっといい香りが漂ってくるだけで、なんだか癒されたり気持ちが変わることってありますよね。

 香りに癒しを求めるとしたら、やはり手軽なのはアロマ。

 ゴールデンウィーク明け、五月病対策として今回オススメしたいアロマオイルシリーズ「D‘S aromatherapy」は、美容医療専門医の平山桂子さんが、5万人を超える女性のダイエットサポートを行ってきた医学的見地から、女性の様々な悩みのシーンに合わせて作られています。

 その中でも同シリーズの「Dimension Shift "F"」は、女性の不安や恐れといった心理的不安やストレスの解消を目的に、不安を抑える効果があるとされるイランイランやカモミールローマンを配合。さらに精神を高揚させてくれ、幸福感・陶酔感を与えるとされるクラリセージも加えられています。

D'S aromatherapy『Dimension Shift

D'S aromatherapy『Dimension Shift "F"』
<左>50ml スプレー 税込:4,536円
<右>5ml オイル 税込:8,208円

 タイプはスプレーとオイルの2種類。スプレータイプは空間やハンカチにシュッとひと吹き、オイルタイプはディフューザーに使用できそうです。

 林檎のような甘酸っぱい香りのカモミールローマンやクラリセージの甘さのあるスパイシーな香りに、癒されてみてはいかがでしょうか。

関連リンク