ご当地食品の魅力は、個性的な商品のパッケージにあり! レトロでどこか懐かしい、手書き風のイラストがかわいらしい、シンプルで潔い、などなど。ルックスが素敵なご当地食品を、スーパーマーケットマニアの谷尻さんがピックアップしてくれました!

お土産にぴったりな「かわいい」ご当地食品

 みなさんは旅行に行ってお土産を買うとき、何を重視されますか? 味や使い勝手はもちろんですが、私にとってはパッケージも重要なポイントです。

 もらった時に「かわいい!」と気持ちが高まるパッケージのお土産は、実はお土産屋さんだけではなく、ご当地スーパーでも発見できます。今回は私の胸をときめかせた、スーパーで買えるかわいいパッケージのご当地食品を紹介します。

渋めレトロな「カステーラ」

北海道 高橋製菓「ビタミンカステーラ」
北海道 高橋製菓「ビタミンカステーラ」

 「カステラ」ではなく「カステーラ」なところもツボの、「ビタミンカステーラ」。北海道でロングセラーをほこる地元のおやつです。

 カステラと聞くと、ふわふわしっとりでボリュームがある、あのスイーツを想像すると思うのですが、こちらの商品は見た目も食感もいわゆる普通のカステラではありません。

 ボリュームは少なく、生地はどっしりめ、食感はもそもそとしている……。けれども、”口の中の水分を持っていかれる感”がなんだか懐かしく、病みつきになってしまうんです。例えるなら、昔ながらのパン屋さんに売っている、たまごドーナツのような素朴な味。

 渋くてレトロなパッケージもタイムスリップしたような気分になり、買いポイントです。

納豆界イチおしゃれ?!

宮城県 川口納豆「川口納豆 乾燥納豆」
宮城県 川口納豆「川口納豆 乾燥納豆」

 宮城県産の大豆を使用して作る「川口納豆」は、宮城県のスーパーで必ずと言っていいほど見かける定番品。最近は、AKOMEYAさんなど、こだわりの商品を集めたおしゃれな食のセレクトショップでもよく見かけます。

 こちらは、ひきわり納豆をフリーズドライ加工した商品。普通、納豆は要冷蔵商品なので、なかなかお土産で持ち帰りにくいですが、これなら日持ちしますし、持ち帰りも簡単です。

 そのまま食べてももちろんおいしいのですが、ピザやオムレツに使うのもおすすめなのだそう。パキッとした赤色のラベルは納豆界イチ(!?)のおしゃれさ。納豆嫌いさんも、このパッケージにはキュンときてしまうんじゃないでしょうか。

圧倒的に美しいクールなルックス

栃木県 協同商事「コエドビール」
栃木県 協同商事「コエドビール」

 ご当地スーパーには、各地の地ビールもたくさん揃っています。今は数えきれないほどいろいろな種類が出ていますが、その中でも見た目の美しさが群を抜いてすばらしいのは、やはり「コエドビール」。

 よく見るとボトルには「COEDO」のアルファベットが浮き上がっており、細かいところまでこだわるセンスがお見事。パッケージの色もフレーバーに合わせて緑色や茶色など使い分けられており、ついつい全部コンプリートしたい気持ちにさせられます。

 もちろん香りも味も職人がこだわりぬいて作られたもの。ビール好きさんへのお土産に、とってもおすすめです。

シュールな女の子のイラストがツボ

石川県 まつや「とり野菜みそ」
石川県 まつや「とり野菜みそ」

 ご当地食品と言うにはあまりにも有名になった「とり野菜みそ」は、石川県発の商品。主に鍋の素として使用できる、おいしい調味味噌です。

 「とり野菜みそラーメン」や「とり野菜みそぽん酢」などのシリーズ品も多く展開されていて(商品は時期によって異なります)、その人気はとどまることを知りません。

 パッケージに書かれた「みそ鍋家族」という文字や、昭和を思い出す少しシュールな女の子(お母さん?)のイラストも、お土産にぴったりの個性的なデザインです。

赤・黄・青、原色カラーのインパクト

愛知県 オリエンタル「オリエンタルカレー」
愛知県 オリエンタル「オリエンタルカレー」

 あえて“昔っぽい”デザインで勝負する「オリエンタルカレー」のデザインも100点満点! 赤・黄・青の色の配分やコントラストも絶妙で、スーパーで見かけたらついつい手に取ってしまうインパクトです。

 パッケージに描かれている不思議な男の子は、「オリエンタル坊や」というオリエンタル社のオリジナルキャラクター。なんと、ハンカチやトートバッグ、Tシャツなども販売されていたくらい、ファンの多いキャラクターなのだそう。たしかに、一度目にしたら忘れられないキャラの濃さです。

 パッケージの可愛さはもちろん、子どもも大人も大好きなカレールーは、きっともらって嬉しいこと間違いなしです。

  • 1
  • 2

関連リンク

谷尻純子さんの記事一覧

もっと読む