フィンランドで出会った理想の家とインテリア

印刷用を表示
2019/05/22 09:00

パリとニューヨークで、ショップのディスプレイを仕事にしながら暮らしていた経験のあるeiriyyyさん。当然、インテリアやデザインに関する知識は豊富で、今住まわれているご自宅もとても素敵です。先日、ご自宅にお邪魔してインテリアについてお話しを聞いていると、eiriyyyさんが好むインテリアのテイストは、フィンランドに大きな影響を受けてることがわかりました。そこで今回は、10年前のフィンランド旅行について、「インテリア」をテーマに書いていただきます。

かもめ食堂の世界観に魅せられて

 こんにちは。整理収納アドバイザーのeiriyyyです。

 前回の記事「北欧テイストのファブリックでお部屋をぐっとおしゃれに」でも少し触れましたが、今の我が家のインテリアは、私が約10年前に一人旅で訪れたフィンランドのヘルシンキに強く影響を受けています。今回は、そのフィンランドでの思い出について、お話ししたいと思います。

 今から約10年前、私はパリに住んでいました。

 30歳になる年に、年齢制限ギリギリの滑り込みでワーキング・ホリデー・ビザを取得。パリで旗艦店をオープンすることになった日本のアパレル会社のショップディスプレイチームのメンバーとしてパリで働きながら、暮らしていました。

 ちょうどその頃、2006年に公開された映画「かもめ食堂」を、知人に勧められて観ました。写真は、映画の序盤に登場するヘルシンキにあるカフェ「Cafe Aalto(カフェ・アアルト)」です。かもめ食堂の世界観に引き込まれ、フィンランドに興味を持ち始めました。

 すると、映画を紹介してくれた知人が「ヘルシンキはとても良い場所だから、せっかくヨーロッパに住んでいるんだし行ってみたら?」と。たしかに、フィンランドはパリから飛行機で約3時間と近く、チケットも安い。「これは行くしかない!」と調べ始めました。

 そして、みなさんご存じの通り、パリでは長期バカンスが当たり前。私も1週間のお休みをいただいたので、そのバカンスでフィンランドへ一人旅することにしたのです。

関連リンク

eiriyさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ