子育てに「向き・不向き」はあるのか問題

印刷用を表示
2017/10/17 00:00

2歳児子育て真っ最中の、あさひさん。Instagramで日々投稿するお子さんのための朝ごはん写真と、クスッと笑える文章が親しみやすくて大人気です。今回は、子育て中、多くの人が感じる「自分は子育てに向いてない気がする」問題についてです。

自分は子どもの可愛さがわからない人間なんじゃないか

 灰色で巨大なミミズクのような不思議な生きもの、猫形のバス、田舎に越してきた姉妹たち。きっと誰もが知っている、有名な日本のあのアニメ。そこに出てくる「とうもろこし」を「とうもころし」と言い間違える女の子……そう聞くだけで、ほとんどの方が、あの髪を二つに結った少女を思い出してくれるのではないでしょうか。

 おてんばで、ちょっぴりワガママで、愛らしい、5歳の女の子。テレビ放送やDVDなどで、一度は見たことがあるという方が、ほとんどではないかと思います。

 いきなりなんなんだ、この話は。そう思われると思います。わかります。でも、ちょっとだけ聞いて欲しいのです。これは小さい頃から私の中でくすぶってきた、くだらなくも切実な、悩みのプロローグなのです。

 そのキャラクターが、どう切実な悩みと関係があるのか。

 それは、その国民的な愛されキャラである女の子を、私が「可愛いと思えたことがない」ということが起因しています。こんな、いかにもリアルで健気な子どもを描いたキャラクターを可愛いと思えないような自分は、子どもの可愛さがわからない人間なんじゃないか。そんな感性のない自分は、「子育てに向いてない人間」なんじゃないか。そんなふうに思い至り、それをずっと漠然とした「将来の育児への不安」として抱えて生きるハメになったのです。

子どもを産み育てる自信が持てない

 そんなふうに言うと、なんだか相当に大げさなようですが、実際のところ昔から私にとって子どもは「どう接していいのかわからない」存在でした。正直に言って「決して嫌いではないけれど、可愛いとも特に思わない」タイプの人間でした。そんな自分が子どもを産んで育てるということに、どうしても自信を持てないまま大人になりました。ご縁があって結婚してからも、それは変わらず、気付けば5年が過ぎていました。年齢的なことも考えて、そろそろ子どもを…!と決心し、いざ妊娠してからも、楽しみやワクワクよりも、さまざまな不安や心配ばかりが廻って、夜眠れないことも多くありました。同じ妊婦さんで、しあわせで穏やかなオーラを放ち、編み物や刺繍なんかをしながらゆったりと出産の準備をしている女性を、素敵だなあ…と羨望の眼差しで見ていました。

 「ああ、こういう人が、きっと子育てに向いてるんだろうなぁ」と、ずっと思っていました。

あさひさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ