無印「レトルトカレーバターチキン」復刻版発売

印刷用を表示
2019/05/24 07:00

生活雑貨や家具が人気の無印良品。食品も手掛けている同店では、それ以上にバターチキンカレーが爆発的な人気を博しています。バターチキンカレー発売から10周年となる今年、2009年に発売された初代「レトルトバターチキンカレー」が6月26日より、数量限定で発売されます。

無印良品のバターチキンカレーの原点

 今年で発売から10周年を迎える、無印良品の「バターチキンカレー」。2009年の発売から数えて今春までに、4度にわたり改良されてきました。

現在のバターチキンカレー
現在のバターチキンカレー

 発売当初のバターチキンは、「日本のごはんに合うインドカレー」がコンセプト。当時はカレー粉が使われ、日本人でも食べやすく、馴染みのあるスパイス配分だったそうで、バターと生クリームのコクが効いた、まろやかさとクリーミーさが特徴でした。

 6月26日より発売される同カレーの復刻版は、10年前と同じレシピを再現。全国の無印良品で数量限定販売となっています。

「レトルト バターチキンカレー 復刻版」 180g(1人前) 350円
「レトルト バターチキンカレー 復刻版」 180g(1人前) 350円

 この10年で進化してきたバターチキン。発売当初の味と現在の味、食べ比べてみてはいかがでしょうか。

▼特設サイト「無印良品のカレー。」