古い住宅が多いイギリスで、人気の住まいとは? 日本と違う家の特徴は? イギリス在住のMarchさんが教えてくれました。(トップイメージ写真=iStock.com/Bombaert)

 イギリスは日もどんどん延びて、菜の花やブルーベルなど春を知らせる花々も次から次へと目を楽しませてくれています。

春になるとイギリスのカントリーサイドのあちこちで見られる菜の花畑の黄色のじゅうたん
春になるとイギリスのカントリーサイドのあちこちで見られる菜の花畑の黄色のじゅうたん
こちらもイギリス春の風物詩。ブルーベルの咲き誇る森。妖精でも現れそうな幻想的な美しさです
こちらもイギリス春の風物詩。ブルーベルの咲き誇る森。妖精でも現れそうな幻想的な美しさです
藤の花は、イギリス人にも人気で、高級住宅街にあるお家ではこんな立派な藤をからませたお宅も見られます
藤の花は、イギリス人にも人気で、高級住宅街にあるお家ではこんな立派な藤をからませたお宅も見られます

 この記事が掲載される頃には、バラの花が咲き誇っていることと思います。

 また、ちょうどこの記事を書いているときに、ハリー王子とメーガン妃の第一子となるアーチー王子誕生でイギリスのニュースは春の訪れ同様、おめでたいムードに包まれております。

 さて、今日は、イギリスと日本の住宅事情の違いをご紹介できたらと思っております。

築100年以上! イギリスの家をご紹介

 まずは、イギリスの家は地震のある日本と違い、とにかく長持ち

 新築物件は非常に少なく、ほとんどが中古物件です。築100年以上なんていうお家も現役で使われており、建てられた時代によって「ピリオドハウス」と呼ばれるものもあります。

ジョージアン(Georgian/1714年~1837年の間に建てられた家)

ジョージアン様式のイギリスの家(写真=iStock.com/jax10289)
ジョージアン様式のイギリスの家(写真=iStock.com/jax10289)

ビクトリアン(Victorian/1837年~1901年の間に建てられた家)

ビクトリアン様式のイギリスの家(写真=iStock.com/Akabei)
ビクトリアン様式のイギリスの家(写真=iStock.com/Akabei)

エドワーディアン(Edwardian/1901年~1918年の間に建てられた家)

エドワーディアン様式のイギリスの家(写真=iStock.com/Bombaert)
エドワーディアン様式のイギリスの家(写真=iStock.com/Bombaert)

 これらのピリオドハウスは、高い天井に大きな窓、そしてオリジナルの暖炉があったり、美しいモールディングが施されていたり、イギリス人の間でも人気の物件です。

 しかし、人気と比例してお値段も非常にする上に、築年数も100年を超えていることからメンテナンスにお金もかかるので、庶民には高嶺の花物件とも言えます。

1930年代の家、戦後の家

ポストウォーと呼ばれる、1930年代に建てられた家。イギリスでは最も多く見られるタイプ
1930年代に建てられた家。イギリスでは最も多く見られるタイプ

 築100年を超える高嶺の花・ピリオドハウスの次に、1930年代に建てられた家や、「ポストウォー(Post-war)」と呼ばれる戦後に建てられた1950年代から1970年代の家があります。

ニューハウス(New House)

ニューハウスというカテゴリのイギリスの家(写真=iStock.com/OwenPrice)
ニューハウスというカテゴリのイギリスの家(写真=iStock.com/OwenPrice)

 そして1980年代以降に建てられた家は、こちらでは「ニューハウス(New House)」というカテゴリーに入れられ、イギリスでは新しい物件ということになるようです。

 また、イギリスの家には、歴史的価値のある建築物につけられた「グレード1(Grade I)」「グレード2 リステッド(Grade II Listed)」という家の持ち主であっても勝手に内装や外装変えてはいけない決まりが付いている住宅もあります。

Marchさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ