お誕生日やクリスマスなど特別な日(=ハレの日)にはショートケーキを作っているというsachiさん。スポンジケーキが膨らまない! という事態も経験しましたが、ある3つのポイントを抑えることで、今ではフワフワのケーキが作れています。さて、そのポイントとは?

特別なお菓子といえば、コレ

 こんにちは!sachiです。

 今回のテーマは、誕生日、クリスマス、記念日などに作る、少し特別なおやつについてです。

 このテーマをいただいたいたとき、一番に浮かんできたお菓子は……やっぱり、いちごの乗ったショートケーキでした。

主人のお誕生日に。
主人のお誕生日に。

 記念日に作るショートケーキは、実は私のなかでとても思い入れが強いもので、娘が産まれてから「お菓子を日常的に作っていこう」と決める前から、ちょこちょこと作っていました。

 というのも、主人とまだおつきあいをしていた頃、当時大学生だったのですが、誕生日やクリスマスは毎回私の作ったショートケーキでお祝いをしていました。

 もう十数年経ちましたが、結婚してからは結婚記念日にもショートケーキを作っています。

 ショートケーキを作ってささやかに祝うことは、子供が生まれた今でも変わらない、我が家の定番になっています。

今年の娘のお誕生日には、いちごパウダーで色付けしたピンクのクリームでデコレーション!
今年の娘のお誕生日には、いちごパウダーで色付けしたピンクのクリームでデコレーション!

スポンジ生地って膨らまないんですよね……

 今もショートケーキは難しいなぁと思うことが多いのですが、それこそ学生の頃の出来は、お世辞にも美味しいと言えるものではありませんでした。

 スポンジが思うように膨らまないんですよね。

 結局、膨らまなかったスポンジを半分に切って重ねて半円のクリスマスケーキを作ったことも。

 ああ……今考えても恥ずかしい、下手くそなショートケーキだったなぁと思い出します。

 その頃に比べたら、今はだいぶん成長したねと主人と笑い合ったり。

 昔からどんなに下手くそでも、美味しいと言って食べてくれた主人には本当に感謝しています。

 今でもまだまだ試行錯誤を繰り返している私のショートケーキですが、作っていくなかで大事なポイントと思えるところもあります。

 今回はスポンジ生地に着目して、3つのポイントについて書いていきたいと思います。

  • 1
  • 2

sachiさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ