熱中症になりにくい体づくり「暑熱順化」とは?

印刷用を表示
2019/06/03 07:00

これから熱さを増す季節、健康に過ごす上で気をつけなければいけないのが「熱中症」。そこで今日は熱中症に負けない体づくり「暑熱順化」についてご紹介します。(Top photo by PR Image Factory/Adobe stock)

今年の夏の暑さは平年並み

 ここ数年、地球温暖化の影響もあり、夏の平均気温は年々上昇しています。特に、昨年の夏は全国各地で歴史的な猛暑が続き、気象庁の会見では「命の危険がある暑さ。一つの災害と認識している」と発言されるほど。

 今年の夏は平年並み熱さと予想されていますが、それでもやはり暑いのが夏。熱中症には気をつけたいところです。

Photo by PR Image Factory/Adobe stock

熱中症になりにくい体づくり「暑熱順化」

 ノザキクリニック院長 野崎豊先生によると、熱中症になりにくい体にするためには、本格的な夏を迎える前に「暑熱順化(しょねつじゅんか)」が重要だといいます。

 暑熱順化とは、暑熱環境に一定期間さらされたときなどに、暑さに対抗するための「より高い体温調節能」を一時的に獲得することです。それにより効果的に体温上昇を防ぎ、熱中症が予防できると言われています。

暑熱順化が起こると…
  1. 低い体温でも多量の汗をかくことができる
  2. 汗中ミネラル濃度を低くすることで多量発汗時にもミネラルの損失を軽減できる
  3. 血漿(けっしょう:血液中の液体成分)を増やすことで皮膚血流量が増える

 では、どうしたら自分の体に暑熱順化が起こるのか?

 それには、やや暑い環境でややきつい運動を1日30分間、数週間程度行う必要があるのだとか。ウォーキングやジョギング等の軽い運動や入浴(シャワーのみでなく湯船にしっかり浸かる)も暑熱順化に役立ち、比較的手軽に行えます。

 また、これらの運動・入浴の前後にミネラルむぎ茶等のミネラルと水を含む飲料をしっかり摂ることで、より効果的に暑熱順化を進めることが期待できるそうですよ。

 今年の夏は暑さに負けない体づくりをして、夏を満喫したいですね。

Photo by Wako Megumi/Adobe stock

暑熱順化について教えてくれた人
野崎豊先生(ノザキクリニック院長)
野崎豊先生(ノザキクリニック院長)

日本小児学会専門医、認定産業医/日本体育協会 公認スポーツドクター 日本東洋医学会 代議員/漢方専門医/臨床内科医会専門

★本内容は、赤穂化成のニュースレターに基づき作成しています。

これもおすすめ