こんなにも違う!京都 九州 東海のご当地味噌

印刷用を表示
2019/07/08 09:00

スーパーマーケットマニアの谷尻さんが、ご当地スーパーに行くと必ず立ち寄るのが、味噌と醤油のコーナー。料理のベースとなるこれらの調味料は、地域ごとに味が違っていて、とても面白いのだそうです。数ある「ご当地味噌」の中から、谷尻さんがおススメする味噌と、それを使った簡単でおいしいレシピを教えてもらいました!

愛知県の「献立いろいろみそ」

 東海地方を中心によく食べられている「豆味噌」。愛知県では、赤味噌も豆味噌も同じものを意味するのだそうです。

 ちなみに、八丁味噌は愛知県岡崎市で作られている、長期間熟成させた豆味噌のこと。色々な呼び方があって複雑ですが、豆味噌が東海地方に住む人たちの故郷の味であることは確かです。

 さて、今回紹介するイチビキ株式会社は、愛知県名古屋市に本社を構える、ご当地の調味料メーカー。味噌のほかに、醤油やつゆなども製造しています。

 そんなイチビキの商品の中でも、東海地方の家庭に欠かせないのが「献立いろいろみそ」です。

パウチタイプで使いやすい! 冷蔵庫でも幅をとりません。
パウチタイプで使いやすい!
冷蔵庫でも幅をとりません。

 豆味噌(赤味噌・八丁味噌)は数多くありますが、特に使い勝手のいいこちらの商品は、スーパーの味噌コーナーでもひときわ目立つ存在。私が訪れたスーパーでは、「献立いろいろみそ」のために、商品棚が広く確保されていました。

 豆味噌をベースにしつつ、米味噌も加えてあるので、100%の豆味噌はなかなか食べにくいという方にもおススメです。

 「献立いろいろみそ」はとろりとした液状で、これ1本あれば炒め物や煮物はもちろん、ドレッシングのような使い方でも楽しめます。化学調味料無添加というのも嬉しいポイントですね。

おススメレシピは、定番の回鍋肉!

 「献立いろいろみそ」はその名の通り、色々な料理に使えますが、まずチャレンジしてほしいのが定番の回鍋肉。通常の味噌で作るときは、みりんや酒で味噌をゆるめますが、「献立いろいろみそ」ならかけるだけでOK。

 あっという間に味付けできるので、忙しい日の時短料理にもぴったりです。

 豆味噌ならではのガツンとくる味わいが、食欲をかきたてます。

材料(2人分)

・豚バラ肉 200~300グラム
・キャベツ 1/4玉
・ピーマン 2~3個
・ねぎ 1/2本
・しょうが ひとかけ
・にんにく 1片
・醤油 小さじ1
・酒 大さじ1
・片栗粉 小さじ2
・献立いろいろみそ 大さじ1と1/2

作り方

1.豚バラ肉は食べやすい大きさに包丁で切り、袋に入れて醤油と酒を加えてもみこみ、下味をつけておく。調味料がなじんだら片栗粉を入れ、まんべんなくもみこむ。

2.キャベツとピーマンは手で食べやすい大きさにちぎる。ねぎは包丁で5ミリ幅程度の斜め切りにする。

3.しょうがとにんにくは、包丁で粗めのみじん切りにする。

4.フライパンにごま油(大さじ1)をしき、3を入れて香りが出るまで弱火で炒める。香りが出たら、豚肉を入れ、軽く焼き目がつくまで中火で炒める。

5.野菜を入れ、蓋をして1分半ほど蒸す。キャベツがしんなりしたら「献立いろいろみそ」を加え、軽く炒めあわせて完成。

谷尻純子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ