スイーツづくりといえば、オーブン必須、手間のかかるイメージがありますよね。でも、フライパン一つで、お菓子屋さんにも負けない「ミルクレープ」や「バウムクーヘン」ができるんです。

●目次
1.フライパン一つで!「重ねるスイーツ」
2.ヘルシークリームの「ミルクレープ」
3.コロコロかわいい「バウムクーヘン」

フライパン一つでできる「重ねるスイーツ」

 「重ねるスイーツ」といえば、豪華で彩り豊か、さまざまな風味を一度に楽しめるデザートを思い浮かべるでしょうか。

 透明なガラス容器にフルーツやクリーム、アイスクリームやカステラを重ねる「トライフル」や「レイヤーケーキ」。けれど、いざ作るとなると、いろいろな材料を買いにでかけないといけないかもしれません。

 でも材料を買いにいかなくても、もっと気軽に、もっと安価に楽しむことができる「重ねるスイーツ」がありますよ。

 それが、冷やして食べる「ミルクレープ」、常温もしくは焼き立てを味わえる「バウムクーヘン」です。

 使うのは、手軽で安価なホットケーキミックス。朝食やおやつに活躍するプレミックス粉ですが、お店に負けない見事な層と、優しい味に仕上げることができます。

 アイスを添えたり、チョコレートソースをかけたり、ぜひ自分の好みの食べ方で。もちろん、そのままでも「あたたかい×ひんやり」のコラボを楽しむのも、ありです。

ミル・クレープ(フランス語 Mille crepes)とは

 フランス語でmilleは「」。千枚のクレープという意味をもつケーキです。

 何枚ものクレープを、クリームや果物を挟みながら重ねます。実際に千枚を重ねるのではなく、10~20枚ほどのクレープを使うことが多いです。千枚、あれば食べてみたいですね。

 元祖は、西麻布にあるカフェ「ルエル・ドゥ・ドゥリエール(2015年に閉店)」と、南麻布にあったカフェ「ペーパームーン(2013年に閉店)」と言われています(どちらも同じ工場でケーキを作っていた時期があったそう)。

 のちにドトールコーヒーがルエル・ドゥ・ドゥリエールから許可を得て売り出したことで、ミルクレープが日本中に広まりました。

今回ご紹介するレシピのミルクレープ
今回ご紹介するレシピのミルクレープ

バウムクーヘン(ドイツ語 Baumkuchen)とは

 「バウム=木」「クーヘン=ケーキ」は、薄く重ねながら焼き上げるので、切ると年輪のように見えます。

 日本ではよく見かけるお菓子ですが、本場ドイツでは特別なお菓子です。

 専用のオーブンを使用し、芯を通して回転させながら生地を重ねていくため、真ん中に穴が開きます。

 日本での歴史は、1919年に広島の展覧会で、ユーハイムの創始者であるカール・ユーハイム氏が焼きあげたところから始まりました。今年の3月4日で、なんと100周年だったそう。

 世界での歴史は、紀元前のギリシアまで遡ります。当時は木の心棒にパン生地を巻きつけて焼いていたとされており、お菓子として今の形になったのは、砂糖の普及によるのだそうです。

今回ご紹介するレシピのバウムクーヘン
今回ご紹介するレシピのバウムクーヘン

 それではさっそく、フライパンやホットプレートなど、おうちで簡単に作ることのできる方法をご紹介します。

●目次
1.フライパン一つで!「重ねるスイーツ」
2.ヘルシークリームの「ミルクレープ」
3.コロコロかわいい「バウムクーヘン」

フライパンやレンジで簡単!「ホットケーキミックスのミルクレープ」

 クリームは、ヘルシーで安価なヨーグルトクリームにしました。息子からも好評で、家族からもおいしいとのこと。ホイップした生クリーム、クリームチーズ等、お好みのものを使って構いません。クリームチーズを使用したクリームの作り方は、「ポイント」にてご紹介しています。

材料(約15cmの円形1個分/約6人分)

ホットケーキミックス…100g
卵…1/2個
牛乳…150ml

プレーンヨーグルト…200g(水きり後は正味100g)
生クリーム…100ml
グラニュー糖…20g
薄切りフルーツ…適量(好みのもの、なくても可)

手順(クリームの用意+作業時間20分)

【1】まず、水きりヨーグルトを用意します。ザルにやぶれにくいキッチンペーパーを敷き、プレーンヨーグルトを入れて冷蔵庫に入れ、一晩ほどかけて水分を取り除きます。水きり後は半分の量になります。

【2】ホットケーキミックス、卵、牛乳を混ぜて生地を作ります。

【3】フライパンを弱火で温め、ホットケーキを焼くように生地を焼いていきます。おたま半量30~40mlほどを直径15cmくらいに薄く延ばし、両面を焼き上げます。生地がなくなるまで8~9枚ほど作ります(フライパンに油を敷くときは、ココナッツオイル等を薄く広げます)。

【4】クリームを作ります。生クリームにグラニュー糖を加えて泡立て、やわらかく角が立つか立たないかのところで、あらかじめ混ぜてなめらかにほぐした【1】の水きりヨーグルトを混ぜます。

【5】できあがったクリームをクレープに塗りながら重ねて、層にしていきます。好みで、途中にスライスしたフルーツを挟むと、彩り良く仕上がるのでおすすめです。乾燥しないようラップをかけ、冷蔵庫で冷やして生地とクリームが落ち着けば、できあがりです。

 

ポイント

★仕上げに粉糖を適量ふりかけると、おしゃれに仕上がります。

★焼くときは、ホットプレートのように広いものを使えば、一度に複数枚焼くことができて時短になります。

★塗るクリームは好みのものに替えることができます。クリームチーズのクリームは、室温でやわらかくしたクリームチーズ200gにグラニュー糖15gと牛乳50mlを加え、なめらかに混ぜて作ります。

★また、生地をレンジで作る方法もあります。ラップを貼った耐熱皿の上に15cmほどの大きさに生地を広げ、レンジ加熱(500Wで1分10~20秒ほど)して、1枚ずつ作ります。

●目次
1.フライパン一つで!「重ねるスイーツ」
2.ヘルシークリームの「ミルクレープ」
3.コロコロかわいい「バウムクーヘン」

卵焼き器不要!フライパンで!「ホットケーキミックスのバウムクーヘン」

 重ねたあと、コロコロ転がしながら焼き上げるので、アルミ箔で作る芯も卵焼き器も不要です。

 フライパンで焼くと簡単ですし、ホットプレートで次々と焼いて重ねていく方法もあります。ホットプレートならば、子どもたちや友人と連携プレーで作ると楽しいですよ。

 焼き上がったあとは、乾燥防止にラップ等をかけておくことをおすすめします。

材料(直径10cm×高さ6~7cmほど1個/2人分)

ホットケーキミックス…100g
生クリーム…50ml
牛乳…50ml
卵…1個
グラニュー糖…30g
はちみつ…20g

※はちみつを使うので、1歳未満のお子様には与えないようお願いいたします。

手順(約20分)

【1】全ての材料を混ぜます。

【2】フライパンを弱火で温め(フライパンによってはオイル分量外を使います)、【1】の生地をおたま半量30~40mlほど流し、両面を焼きます。焼けたら一度取り出します。

【3】再びフライパンの上に【1】の生地を流して片面を焼き、【2】で焼いたものを重ねます。同じように生地を流して焼き、どんどん重ねていきます。

【4】最後の上下は大きめに焼いて、側面を包み込むようにします。側面も転がしながらしっかりと焼き上げます。

【5】断面が出るようにスライスすれば、できあがりです。

ポイント

★生地の焼き具合はホットケーキと同じです。ぷつぷつした気泡が出て、焼いている下面にきれいな焼き色がついたら重ねるタイミング。ただし初めの一枚は両面とも、きれいに焼き色をつけます。

★フライ返しの上にのせて扱えば、作業はもっと簡単になります。生地の焼け具合を見ながら待つときも、写真のように待機させておくことができます。

 おうちでも、シンプルな材料で簡単に、こんなおしゃれな「重ねるスイーツ」を作ることができます。美しい断面はSNS映えはもちろん、おもてなしにも活躍。

 作るひとも食べるひとも、みんながおいしい笑顔になりますように。