ガラスの透明感、美しいフォルム、生ぬるくない質感。ガラスは、「暑さ」とは真逆の涼やかな空気をまとっています。お気に入りのグラスに見惚れながら、冷たい飲み物で、身体にも心にも涼を入れませんか? c h i iさんに、美しく機能的なグラスたちを紹介してもらいました。存在自体が素敵なガラスばかりです。

猿山修さんデザインのワイングラス

製造はfresco(吹きガラス工房)です
「東屋 Bar」のシリーズ、製造はfresco(吹きガラス工房)さんです。

 こちらは、何も言われなければ、ステムの付いた普通のグラスに見えます。それが、このグラスの好きなところ。

 ですが、実はよーく見ると、少し歪んでいたり、細かく波打っていたりと、一つひとつに個性があるのです。

 購入したscopeさんによると、グラスには、型枠に吹いて作られるものや、宙吹きで作られるものがあります。宙吹きは、形が安定しにくく、時間も手間もかかってしまうのだそうです。

 これは、後者の宙吹きで作られたもの。それゆえ、値段もお高めです。

 「他にも作り方はあるのに……無駄じゃないの?」と言われそうな工程を経て作られたグラス。その“あえて”を選ぶ東屋さんのスタイルも、それをピックアップするscopeさんも素敵です。

 つまりは、作品から生まれるストーリーも好きなんですよね。

純銀のおぼんにのせた姿に見惚れます

 お酒が好きなので、ワインに限らず、ビールやウイスキーなどその時飲みたいものを入れています。

 愛用している純銀のお盆があるのですが、それにのせた時の美しさがとても好きです。

 本当は2つ持っていたのですが、不注意から割ってしまい、1つになりました。販売されているうちに買い足したいです。

どんな飲み物を入れても整って見える

地元の百貨店で購入しました。
地元の百貨店で購入しました。

 似たようなグラスはたくさんありますが、「うすはり」は松徳硝子株式会社の登録商標とのこと。

 平成元年に薄い瑠璃(ガラス)という意味合いと、日本独自の文化であるひらがなの繊細かつ柔らかなイメージから命名された「うすはり」。

 松徳硝子さんが長い時間をかけて研究・試作されてきたもので、松徳硝子さんの代名詞ともいえる品物です。

 このグラスの好きなところは、その名の通り「薄くて、限りなく無駄のないところ」です。

 どんな飲み物を入れても、ちゃんと整って見えます。

 そして、この繊細さとは裏腹に、丈夫なところに驚いています。何度かキッチントップの上で倒したり、シンクで洗いながら落としたりしましたが、健在です。

 どんな飲み物にも合うと書きましたが、我が家はもっぱらビールかハイボールを飲むときに使っています。洗った時にキッチンの水切りの上に置いている時、何もいれていない時の姿さえも美しいです。