7月7日は、七夕です。織姫と彦星の切ないラブストリーにまつわる印象が強い七夕ですが、そもそもの起源はどこにあるのでしょうか。

七夕のお願いごとにはルールがあった?

 七夕といえば、笹に短冊が定番ですよね。

 みなさんも願い事、書いたりしますか?

 私は毎年ウンウン迷いながら書いているのですが、結局ふつうのことになっちゃうなぁと思っております。

 ふつうが一番と言うし、いいんですけどね。つい短冊にはかっこいいことを書きたくなってしまいます(笑)。

 たまにショッピングモールや神社などに大きな笹が飾ってあって、短冊を自由に書けるところもありますよね。みなさんの願い事を見るのも楽しくて、ついつい見入ってしまいます。

 さて、今は何でもありの願い事ですが、もともと七夕は「技芸の上達を願うもの」でした。女の人はお裁縫、男の人は学問の上達を願っていたそうです。

 七夕の元になっているのは、中国から伝わってきた「乞巧奠(きっこうでん)」。「うまくなることを乞うお祭り」という意味です。

 日本では奈良時代以降に、主に宮中で行われてきました。庭に祭壇をもうけ、海や山の幸とともに、針に糸を通したもの、梶の葉に和歌を書いたものなどをお供えしていました。

 ですので、今年の七夕はなにか上達したいことについてお願いするのも、いいかもしれませんね。

  • 1
  • 2

いとよしさんちの美香さんの記事一覧

もっと読む