最後まで美味しく! おでんのリメイク

印刷用を表示
2017/11/08 12:00

日が短くなり、吹く風も体温を下げる季節。夜にはあったか~い料理が食べたいものです。寒い時期になるとhanaさんが作るのあったか料理が、おでん。約1.5日分作って、残ったおでんは様々なリメイクレシピで楽しんでいるそうです。一番のおすすめは以外な一品です。hanaさんのおでんリメイクアイディア。

寒くなってきたら、食べたくなるものは……

 みなさまこんにちは!

 唐突に夏が終わり、いきなり晩秋になってしまいましたね。

 身体がついていかず、まんまと風邪をひいてしまい、マスクとニットと膝掛けに包まりながら記事を書かせていただいています。

 今年の天候はちょっと今までにない異常さですよね、農作物などへの影響が少ないといいです。

 ところで、みなさまは“秋ならではの食材”をもう楽しまれましたか?

 梨、ぶどう、柿にくり、さつまいも、きのこ類も豊富になりますし、さんまに鮭にいくらと海産物も美味しくなりますね!

 冬野菜もどんどん甘みがのって美味しくなります。

 お買い物に行きくと、あれもこれも欲しくなってしまい、例によって立ち止まって長考……なんてことが増えたように思います笑

 旬を迎えた食材を前に、何を作ろうか考えるのも楽しいものですね。

 寒さを感じるようになると恋しくなるのは熱々あったか料理。

 あったか料理の代表って何かな〜と考えると、やっぱり鍋や煮込み料理!

 色んな具材を入れてグツグツ、フーフー言いながら家族や仲間と鍋を囲む……なんてテレビコマーシャルのようです笑

 煮込み料理も様々ですが、わたし的冬煮込み系No.1は「おでん」!

おでんは11種類で具沢山! この日は他のものを作る予定でいたけれど、スーパーでふと思い立っておでんに変更しちゃいました。
おでんは11種類で具沢山! この日は他のものを作る予定でいたけれど、スーパーでふと思い立っておでんに変更しちゃいました。

 コトコト煮込んで、味がしみしみのおでんにエイッと辛子をつけてアチアチ食べるときの幸せ感。

 「あ〜美味し〜い!」ですよね!

 今回はおでんと、我が家風おでんのリメイクについてお話したいと思います。

どんな具材がお好きですか?

 わたしが作るおでんは、昆布とかつおの出汁を利かせた色白あっさり系です。

 ときどき、八丁味噌を使った味噌おでんも作りますが、汁の透明なおでんのほうが作る率は高めです。

この日は八丁味噌で軽く味付けして、だしをしっかりめに。茶色いけどしょっぱくないですよ!
この日は八丁味噌で軽く味付けして、だしをしっかりめに。茶色いけどしょっぱくないですよ!

 おでんの具材は、ご家庭により様々。

 みなさまのおうちではどんな具材が入るのでしょう?

 とっても興味があります笑

 子供たちが幼稚園児のころ、「おでんくん」というアニメが放映されていました。

 みなさんはご存知ですか?

 リリーフランキーさん原作で、おでん屋台の鍋の底に、誰も知らないおでん村があり、悲喜こもごも、ほのぼのした中にも、気づきや考えさせられることのあるストーリー。

 主役のおでんくんは、ハチマキにフンドシをしめた餅入り巾着で、素直な優しい男の子。

 じゃがいものジャガーはオナラが臭い意地悪いじめっ子。

 たまごは、色白のたまごちゃんと、なかなか売れず茶色くなったガングロたまごちゃんの2人のキャラがいました。

 つみれちゃんは芸能レポーター並みの情報ツウで、糸こん君はジャマイカ行きを夢見るレゲエボーイ。

 他にも、こんにゃく、はんぺん、ちくわ、ごぼう巻き、とたくさんの個性豊かな具材たちが出てきて子供と楽しみにしていました。

 当時はおでんを作るときは必ず餅入り巾着とじゃがいもを入れたものです笑。

  • 1
  • 2

hanaさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ